• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesignerで江の島を解析
第1回 ArchiCADとArchiSuiteで江の島をモデル化

まずは、どのようにして江の島の地形や建物のモデルを作成するか?

第1回は解析に入る前段階で、江の島の地形や建物の3次元モデルの作成についてです。外部ツールで作成した3次元データをいかにFlowDesignerに読み込むかをご紹介します。

資料請求(無料)

モデルデータ提供:LIVING CG社

モデル読み込みまでの大きな流れ

解析モデル作成までの大きな流れは次のようになります。

1.国土地理院地図サイトよりデータをダウンロードする

国土地理院地図 基盤地図情報サイトの無料サービスを利用し、標高データや地図データをダウンロードします。

データ形式

標高・地図データ XML

2.専用の地図ビューワにてデータを変換する

専用の地図ビューワ(基板地図情報閲覧コンバートソフト)を使用し、上記1のデータをSHP形式に変換します。

データ形式

標高・地図データ SHP

3.CADソフトで読み込む

SHPデータをArchiCADにインポートし、3次元モデルデータを作成します。このデータをFlowDesignerで解析します。

データ形式

3次元モデルデータ IFC、3ds

解析までのモデル化の詳細資料をご用意しています

解析までのモデル化詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP