• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

受託解析事例:倉庫トラックヤードの風圧解析(価格掲載あり)

WindPerfect解析例第8回は倉庫トラックヤードの風圧解析についてご紹介します。気象変化の大きい昨今では、強風の発生する頻度が多くなっており、倉庫トラックヤード周辺における荷下ろし作業への影響やヤード周辺の構造物破損につながる場合があります。本解析では、DNS(直接シミュレーション)法により、トラックヤード周辺の風圧分布を詳細に予測します。

解析モデル

本解析では、トラックヤードの躯体形状、特にヤードの上方に張り出したひさし周辺を詳細に解析します。強風による影響は、建築構造物の凹凸の大きい部分において変動が大きいと考えられるためです。

  • 建物のトラックヤード以外の部分や荷下ろし中の車両や作業者は省略。
  • 建物のオーバースライダーや開口部は閉状態。
  • 解析モデルの規模は130×168×76=1,659,840。
  • 風速は毎秒34m(メートル)基準高さ10h(ハンド)、べき乗則0.2(粗度区分II)。

図1.解析モデル(ひさし周辺の詳細)

図1.解析モデル(ひさし周辺の詳細)

受託解析を依頼したら、このような結果になりました

  • 図2には、風向に沿った倉庫中心断面での風圧分布を示す。ひさしの梁前後では800~1,000Pa(パスカル)程度の圧力変動が観察され、これは荷重にして80~100kg / m2(キログラム/平方メートル)に相当し、立て付けの悪い構造物は十分破損する可能性がある。
  • 図3には、ひさし天井内側レベルでの平面風圧分布を示す。
  • 図4には、下から俯瞰した倉庫躯体表面の風圧分布を示す。風圧は風向に対する中心部ほど正圧が高く、側面では流れの剥離による負圧が大きいことが分かる。作業者が周辺にいた場合、状況によって転倒などの恐れがあるので注意が必要である。

図2.断面風圧分布

図2.断面風圧分布

図4.表面風圧分布

図4.表面風圧分布

図3.平面風圧分布(ひさし天井付近)

図3.平面風圧分布(ひさし天井付近)

さて、今回の受託解析の費用はいくらするのか?(参考価格)

解析事例 通常
倉庫トラックヤードの風圧解析(1ケース想定) 40~50万

受託解析期間・価格に影響するポイント

風圧解析をお客様が依頼する場合、次のような項目の違いより、受託解析期間や価格が変わります。

  • 対象エリアの面積
  • モデルの解像度(メッシュ数)
  • 乱流モデルの種類(DNS以外)
  • 3DCADデータの有無

解析期間はどれくらい? 詳細資料を無料でご提供、個別見積り承ります

解析期間の目安やトピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。また、見積りや価格のご相談も承りますので、ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

受託解析の資料請求、見積り、相談

資料サンプル

資料サンプル

このほか、さまざまなケースの受託解析例を連載しています

ケースによって行う解析はさまざまです。この連載では、気流解析や温熱環境解析、自然換気解析などの実際に依頼できる受託解析事例や、価格帯や解析内容・結果から得られる情報など、検討時に役立つ情報を掲載しています。

環境シミュレーションをプロに頼んでみよう

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP