• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例23後編:オフィスビルの空調解析(BIMデータ活用術編)

「これまでに使用したCADデータはどのように作っているの?」という声にお応えし、解析を行う前にどのようなCADデータを準備しているのかご紹介します。今回は前編:ArchiCADデータを用いたオフィスビルの空調解析(シミュレーション編)で使用したCADデータを対象としています。

FlowDesigner解析事例23前編:ArchiCADデータを用いたオフィスビルの空調解析(シミュレーション編)

STEP1.ArchiCADから2種類のデータを出力し、解析用に選定

グラフィソフトジャパン株式会社様に協力をいただき、ArchiCAD 15で公開された「ArchiCAD BIMガイドライン 3Dモデルデータ」を使用しました。

FlowDesigner読み込み可能ファイル形式のうち、ArchiCADではIFCと3ds、二つのファイルへの出力ができます。今回は利用しやすい3dsデータを採用しました。3dsデータは個々の部品は属性未分類であるものの、CAD形状の読み込みに不具合が少なく、修正箇所が少なく済むため採用しました。

TIPS.外部データ取り込みの形式特徴

  IFC 3ds
データ モデル形状と属性情報 モデル形状のみ
モデル編集 属性別にオブジェクトが分類されているため、モデル編集作業は比較的容易にできる。 属性別に分類されていないため、効率的に編集するためにはFlowDesigner上での分類が必要。
窓・ドアなどの開口部 窓・壁にFlowDesignerで流体に変換可能なパーツを重ねて配置し、取り込む。窓開き条件では表現上窓が閉じたままの表示となるため、結果表示で見た目が分かりにくい場合がある。その反面、確実にオブジェクトが分かれているため、モデル形状の編集・条件の設定はしやすい。 窓・壁のみ。必ずしもオブジェクトが部品単位で分かれているとは限らないため、編集が難しい場合があるが、見た目は分かりやすい。

STEP2.解析の目的を再度確認

BIMデータを活用して解析を行う場合、目的はさまざまあります。今回はある程度完成されたCADデータがあるため、「形状については多少修正しても(あるいはほとんど解析側で作成しても)、最後に解析結果をBIMデータと合成し、美しくリアリティのあるアウトプットをしたい」ということを目的とします。

FlowDesignerは解析は簡易モデルで計算負荷を抑えながらも、結果表示でCADモデルを活用し、美しい解析結果を出力します。

FlowDesignerは美しくリアリティのあるアウトプットが魅力

STEP3.読み込みCADデータの編集

結果表示に必要なオブジェクトだけを残し、不要なオブジェクトを削除します。あらかじめCADソフト上で必要なオブジェクトのみを出力すると良いです。

STEP4.3dsでデータを読み込み、属性別にオブジェクトを分類

3dsでデータを読み込み、属性別にオブジェクトを分類しておくと、解析条件設定やオブジェクトの編集がしやすくなります。IFCの場合は属性ごとに分類し、インポートすることになります。

詳しいCADデータの活用は資料でご確認ください

FlowDesigner解析事例23後編:オフィスビルの空調解析(BIMデータ活用術編)の詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP