• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例26前編:オフィスビルの室内温熱環境解析(モデリング編)

快適なオフィス環境を実現するために、外壁から内壁までの間の温度環境を調べます。前編では、ArchiCADからインポートしたCADデータを使って、解析ソフトFlowDesignerとの連携やライブラリ機能を用いたモデルの作成方法についてご説明します。

目的:夏場のオフィスビルの温熱環境を調べる

夏場のオフィスビル1室における温熱環境を検討します。日射・人体・機械の熱負荷に対して、空調の能力が十分か、温度ムラが発生しないかをシミュレーションします。

STEP1:ArchiCADからIFC形式でデータ出力する

グラフィソフトジャパン株式会社様に協力をいただき、公開中の「ArchiCAD BIMガイドライン 3Dモデルデータ」をIFCファイルで出力します。

ArchiCAD BIMガイドライン 3Dモデルデータ

TIPS:ArchiCAD 19ならFlowDesigner用のIFCをエクスポートできる

ArchiCAD 19に搭載された「FlowDesigner用の変換設定」を使用すると、壁や窓がくり抜かれた状態でIFCデータを出力できます。形状の再現性が向上し、比較的FlowDesigner上で扱いやすくなります。

通常出力とFlowDesigner用の変換設定を用いた場合の形状比較を資料で詳しく解説しています。ぜひダウンロードのうえご確認ください。

資料請求(無料)

STEP2:FlowDesignerにIFCデータをインポート

FlowDesignerにIFCデータをインポートします。今回は建物の3階部分のみを解析対象空間(解析領域)とします。

解析領域:13.77×22.74×2.38m3(立法メートル)

STEP3:室内モデルの作りこみ

簡易モデル化した机を図の通りに配置して、室内モデルを作りこんでいきます。

TIPS:ArchiCADライブラリを使えば、よりリアルな解析モデルに仕上がる

ArchiCADライブラリ※1をIFCファイルとして出力し、FlowDesignerに追加インポートすると、よりリアルな解析モデルに仕上がります。取り込んだパーツに発熱量や流速などの解析条件を含めてライブラリ登録できます。登録後は他のモデルでもドラッグ&ドロップでインポートできます。

※1 ArchiCADライブラリの配置はモデルの外観を向上させることのみが目的。

STEP4:空調(流出入)条件の設定

空調装置を配置します。

  • 4方向カセット
  • ブリーズライン
  • 開口部

詳しいCADデータの活用は資料でご確認ください

FlowDesigner解析事例26前編:オフィスビルの室内温熱環境解析(モデリング編)の詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP