• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例26後編:オフィスビルの室内温熱環境解析(シミュレーション編)

ArchiCADからインポートしたCADデータを用いて、オフィスの温熱環境解析を行います。後編では室内条件のうち、空間内の発熱条件、日射の発熱条件に加え、壁などの材料の熱伝導条件設定を行い、いよいよ解析を行います。

前編(モデリング編)をおさらいしよう

前編(モデリング編)では、ArchiCADからIFCデータをエクスポートし、FlowDesignerにインポート。机や椅子のライブラリを配置してリアルな室内モデルに仕上げ、最後に空調条件を設定するところまでを行いました。

FlowDesigner解析事例26前編:オフィスビルの室内温熱環境解析(モデリング編)

発熱条件(人体、機械、日射)を設定

まず、発熱の対象となる人体、機械、日射の熱負荷を次のように設定します。

  • インテリアゾーンでの発熱量:1500w(ワット)
  • ペリメータゾーンでの発熱量:400w
  • 日射発熱量:2500w

熱移動条件を設定する

次に外気に面している窓・壁面に対して、外気温度・熱貫流率を設定します。その他の壁面は全て断熱条件とします。

  • コンクリート:熱貫流率0.5w / m2・℃、外気温度35℃
  • 窓ガラス:熱貫流率5.0w / m2・℃、外気温度35℃

解析モデルをメッシュ分割

ArchiCADのライブラリを配置してリアルに仕上げたモデルをメッシュ分割していきます。今回は部屋全体をおよそ0.15m(メートル)間隔で分割します。

  • 分割間隔:およそ0.15m
  • 総分割数:1,010,988(x 138、y 222、z 33)

シミュレーションの結果は、無料資料でご確認ください

FlowDesigner解析事例26後編:オフィスビルの室内温熱環境解析(シミュレーション編)の詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP