• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例28:東京駅ホーム屋根 日射積算解析(ゼンリン 3D都市モデルデータを用いて)

FlowDesigner解析事例第28回は、東京駅ホーム屋根に太陽光パネルを設置するにあたり、日射積算解析を使って、「どのホームを優先すればよいか」「ホームのどの場所が効率的か」を検討します。なお、東京駅周辺モデルにはゼンリンの3D都市モデルデータを用います。ゼンリンの3D都市モデルデータは現実の街を忠実に3Dモデル化しており、現在カーナビゲーションシステムやゲーム業界などで利用されています。今後は建設・都市開発分野でのシミュレーション利用についても期待されています。

※ 会社名、製品名などは各社または各団体の商標または登録商標です。

目的:東京駅ホーム屋根に太陽光パネルを設置するために、日射量を調べる

東京駅周辺には高層ビルが多く立ち並ぶため、ホームや場所により、日射量に差が生じるものと予想されます。そのため、ゼンリンの3D都市モデルデータを利用して、駅・周辺建物をFlowDesignerにインポートし、ホーム屋根の日射積算量解析を行います※。

※ 当事例はソフトの機能紹介を目的とした仮想的なもので、実際の検討事例ではありません。従って、解析の設定内容・結果はあくまでイメージとなりますのであらかじめご了承ください。

STEP1:ゼンリン3D都市モデルデータをインポート

ゼンリン3D都市モデルデータをFlowDesignerにインポートします。

ゼンリン 3D都市モデルデータ

STEP2:解析領域と積算条件の設定

東京駅ホームとその南側が含まれるよう解析領域をとります。

  • 領域:550×620×216m3(立方メートル)
  • 場所:東京
  • 積算対象:2016年1月1日~12月31日
  • 積算単位:月
  • 曇天率:0%(パーセント)、曇天を考慮しない。
注意点
  • 日射量は、FlowDesigner上で月日・場所から太陽軌道を計算して算出したものを使用する。ただし、各部材表面への日射積算量のみを解析対象とし、熱・気流の解析は行わない。
  • 日射の反射・透過、曇天の影響、散乱日射は考慮せず、相対的にみてどこに日射が多く当たるかを検討する。
  • 屋根の傾斜は考慮しない。

STEP3:メッシュ分割

メッシュを分割します。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

東京駅ホーム屋根 日射積算解析
ZENRIN 3D都市モデルデータを用いて(解析結果付き)

主な内容
  • 解析結果 日射積算量(白黒表示、カラー表示)
  • 解析結果 数値比較(地点ごと最大値比較)
  • 考察 など全16ページ

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP