• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例36:逆解析を使った駅舎環境設計事例2(温熱環境検討編)

延岡駅舎の温度を下げるために、間仕切りをどう配置する?

FlowDesigner解析事例第36回は、風の流れをデザインして、延岡駅舎の温度を下げるために間仕切りの配置を検討します。周辺地域の風の流れと日射による駅舎の熱の影響を条件として、どのように間仕切りを配置したらよいでしょうか?

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

検討の流れ

解析1 地形を考慮した広域風環境解析

延岡駅周辺の風環境を解析するため、まず外気風(流入風)の条件を確定したい。延岡駅に最も近い気象台(延岡気象台、観測高さ19m<メートル>)の過去の観測データを使用したいが、駅近くには急峻な地形があるため、観測データにある卓越風向・平均風速とは異なる可能性が考えられる。

解析1 解析範囲・解析モデル

気象データを基に広域モデル(10×6km<キロメートル>)・準広域モデル(3×2km)の風環境解析を行い、外気風の条件を検討する。

解析2 日射積算解析

現状の設計案について、駅舎内部の排熱の重要性を示すため、駅舎全体の日射取得熱量を算出する。ここではガラスの日射透過を考慮した日射積算解析を行い、各季節における日射積算量の分布を3次元で可視化する。

解析3 対策案 間仕切り配置検討

夏季は駅舎内部でも日射による影響が強いため、排熱が重要になることが分かった。その対策案として、できるだけ自然風で排熱を促進できるよう半屋外空間に間仕切りを設けたい。逆解析(開口率感度)を使用して、「どのように間仕切りを設ければ、効果的に排熱ができるか」を検討する。

  • 半屋外空間:設計目標となるポイント(ターゲット)
  • 設計目標:ターゲットの温度を32.05℃にしたい。

FlowDesignerでは、このように結果を表示できます

解析3について、FlowDesignerを使用し解析を行った結果です。図では、半屋外空間の「温度を下げるためにはどうすればよいか」を表しています。赤色が強い部位は優先的に開口した方がよい部位、青色が強い部位は閉じた方がより部位になります。

※ 手順の詳細設定、結果、考察を知りたい方は、後記の資料請求にてお申し込みください(無料)。

FlowDesigner 製品情報

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

FlowDesignerの解析事例 逆解析を使った駅舎環境設計事例
(温熱環境検討編)

主な内容
  • 建築分野での逆解析技術の適用
  • 日射積算解析
  • 対策案 間仕切り配置検討 など

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP