• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例37:鉄道防音壁の効果検討(簡略化事例3)

裁判に至るケースもある騒音問題。防音壁の効果はどのくらいあるのか?

FlowDesigner解析事例第37回は、都市部鉄道沿線における防音壁の効果検討です。鉄道による騒音は住宅環境に大きな影響を及ぼし、裁判に至るケースもあります。騒音対策として防音壁がどのような効果があるかを確認します。

今回は空間の一部を抜き出し、モデルを簡略化することで大規模な問題をシンプルに捉え、計算コストを下げて検討します。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

目的:防音壁有無による騒音レベルを確認する

高架橋区間を走る鉄道により生じる騒音に対し、防音壁の有無による騒音レベルを比較し、効果を確認する。

STEP1:簡易モデル化を用意する

本来は建物からの音の反射等を考慮して3次元での音の伝播を検討する必要があるが、大規模なメッシュ分割となり計算負荷が高くなる。また、相対的な評価が目的であるため、2次元の問題として捉え空間を一部に限定しモデル化を考える。

TIPS:簡略化モデル(空間切り取りモデル)のメリット・デメリット

メリット 簡単にメッシュ数を減らせるため・・・
短時間で計算が可能
安定した解析結果を得やすい
初期検討、ケース比較に向いている
デメリット 空間全体で起こる大局的な現象を見落とす可能性があるため・・・
切り取り対象の選定は慎重にする必要がある
実現象に即したモデル化ではない

STEP2:モデル概要

次のようなモデルを用意する。

  • 高架高さ:7m(メートル)
  • 音源:102db(デシベル)
  • 測定箇所:3カ所

STEP3:メッシュ分割

メッシュを分割します。

  • 半屋外空間:設計目標となるポイント(ターゲット)
  • 設計目標:ターゲットの温度を32.05℃にしたい。

FlowDesignerでは、このように結果を表示できます

FlowDesignerを使用し、解析を行った結果です。図では、防音壁有無それぞれの音圧レベルをグラフで表示しています。

指定ポイントの数値だけでなく、直線状の結果を確認することで、どの位置においても防音壁ありの方が音圧が小さくなっていると確認できます。

※ 手順の詳細設定、結果、考察を知りたい方は、後記の資料請求にてお申し込みください(無料)。

FlowDesigner 製品情報

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

FlowDesignerの解析事例 鉄道防音壁効果検討
(簡略化事例3)

主な内容
  • なぜ大規模空間は計算負荷が高い?
  • 【解析結果】音圧レベル分布(3Dイメージ1)
  • 考察 など

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP