• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例5:ダクト内整流解析

整流管内のハニカム形状は流れを変えるか?

FlowDesignerは建設業のさまざまな分野の解析に力を発揮するツールです。実際にどのような目的でモデルは作成されているか、また結果がどうなったのかなど解析事例をご紹介します。問題提起は本ページにて解析結果は資料請求(無料)でお気軽に資料請求ください。今回はFlowDesignerの気流のみを解析対象とした比較的シンプルな事例を紹介します。

5:ダクト内整流解析

前提条件

ケーススタディ

0.1m幅の小さなダクト内にハニカム(蜂の巣)状の整流板を取り付けたモデルと、取り付けないモデルで比較する。一般的に管内部のカーブの前後では流速分布が大きく変化する。そこで整流機器をカーブ直後に設置することによりその効果を検証する。

整流管内部のハニカムの様子
縦(12枡)×横(8枡)=96枡

整流管内部のハニカムの様子
縦(12枡)×横(8枡)=96枡

解析モデル

解析領域 1m×0.4m×0.1m内 に直径0.1mのダクト管を想定する。ダクトは途中で直角に曲がっており、直角カーブの直後に整流管を設置する。整流管内部にハニカムを作成したモデルと、ハニカムなしのモデルで比較する(ハニカムとは5mm幅を設けて整流板を並べたものである)。

解析モデル

解析モデル

果たして結果は?

ダクト内整流解析の解析結果を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

FlowDesigner解析事例5:ダクト内整流解析 資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP