• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例9:工場温度環境最適化

工場内は暑い!ファンを設置したいがどこに取り付けるのがベストか?

FlowDesignerは建設業のさまざまな分野の解析に力を発揮するツールです。実際にどのような目的でモデルは作成されているか、また結果がどうなったのかなど解析事例をご紹介します。問題提起は本ページにて解析結果は資料請求(無料)でお気軽に資料請求ください。今回は逆解析を用いた工場内の温度環境の最適化をご紹介します。

9:工場温度環境最適化

前提条件

目的

夏場の工場では外気温に加え、機械発熱などにより熱がこもりやすい。現状、作業領域は40℃を超えている。工場壁面にファンを設置して換気量を増やし状況改善を図りたいが、どこにファンを設置すれば効率がよいか逆解析を用いて検討をする。

解析モデル

夏場の工場を想定して外気温度は33℃とする。工場の側壁面には窓、天井に換気口が設置されている。また工場内部に機械発熱として300kWを与える。

工場 解析モデル

工場 解析モデル

現状の解析結果

機械の周辺の温度は50~60℃に達するため、機械オペレータの作業領域は40℃以上と非常に暑い!

解析結果

解析結果

目的・変更条件

オペレータの作業領域の温度を35℃にすることを設計目標とする。冷房は使用せずに、吸気ファンもしくは排気ファンの設置のみで状況改善を目指し省エネを図る。工場壁面のどの位置にファンを設置すれば効率よく換気できるか、逆解析を用いて検証する。

果たして結果は?

工場温度環境最適化の解析結果を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

FlowDesigner解析事例9:工場温度環境最適化 資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP