• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例13:ネスティング機能を用いた自然換気解析

10万メッシュ程度でも精度を落とさずに検討できるFlowDesigner11ネスティング機能を使ってみました

本来、周辺の建物の影響を考慮した換気解析を行うには数100万から数1,000万メッシュという大規模な解析モデルが必要なります。FlowDesigner11で標準装備となったネスティング機能を用いて解析を2回に分けることで、計算負荷の低い数10万メッシュ程度でも精度を落とさずに検討ができます。大規模モデルを扱う上では、非常に有用な検討手段であるので今回はその解析例をご紹介します。

13:ネスティング機能を用いた自然換気解析

前提条件

目的

2階建てオフィスの自然換気について検討する。どの部屋が屋外の風を取り込みやすい、また取り込みにくいのか傾向を知りたい。その際現実に近い条件となるよう、周囲の建物の影響も考慮して解析を行う。

2階建てオフィスの自然換気の解析

2階建てオフィスの自然換気の解析

環境による解析条件制限

ノートPCで解析を行う関係上、数100万メッシュの解析は難しい。そのため数10万メッシュでも、ある程度の解析精度が得られるようネスティング機能※を用いて次の二つの解析フェーズに分ける。

  1. 周辺建物を含めた街区全体の解析
  2. オフィスのみを解析

※ ネスティングはバージョン11からの機能です。

ネスティングとは?

広い空間の解析を行った後に、空間の一部分だけを抽出して解析を行う機能です。抽出の際には解析結果を引き継いで、抽出した空間の境界条件として適用します。

広域の解析結果を境界条件として、解析領域境界面に引き継がれる。

広域の解析結果を境界条件として、解析領域境界面に引き継がれる。

解析モデル・設定条件

オフィス内の各部屋の換気状況を定量的に比較するため、オフィス内部全体に濃度発生のオブジェクトを配置する。外気風に濃度0を設定すれば、換気ができている場所ほど濃度が低くなる。

オフィス内の各部屋の換気状況

オフィス内の各部屋の換気状況

オフィス内部

オフィス内部

果たして結果は?

ネスティング機能を用いた自然換気解析の解析結果を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

FlowDesigner解析事例13:ネスティング機能を用いた自然換気解析 資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP