• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner解析事例16:空間温度の均一化

温度のムラがない快適な空間をつくる秘訣、ここにあり!

空気は暖かいと上昇し、冷たいと下降します。そのため、温度のムラがない快適な空間を設計することは気流・熱の流れについて熟知していても至難の業です。FlowDesignerの逆解析機能を使用すれば、効率的に解消することができます。今回の対象領域は少し小さいですが、ぜひご覧ください。

前提条件

目的

ある実験空間の中に九つの温風の流入口を設け、空間内部を温めたい。現状だと空間の中央部分(設計領域)に温度ムラができてしまう。「流入流量の調節」により、できるだけ温度の均一化を図りたい。

モデルの条件

解析モデル

温度分布(現状)

吹出口に近い部分(領域上部)で温度が高い部分があり、温度ムラができている。

領域上部は温度が高く、ムラができている

設計目標の設定

現状の解析結果をもとに感度解析を行う。設計領域内にターゲットオブジェクト8個を配置し、設計目標「温度の均一化」を設定して感度解析(逆解析)を実行する。

現在、8個のターゲットオブジェクトに温度にばらつきがあるため、均一化したい(JPG)[126KB]

果たして結果は?

空間温度の均一化の解析結果を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

FlowDesigner解析事例16:空間温度の均一化 資料請求(無料)

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP