• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

FlowDesigner逆解析 第5回:筐体の開口位置を変えて温度はどう変わる?

現在、ノートPCの熱設計を検討しています。今回は筐体の開口(給気口)をどの位置にすると放熱効果が高まるのかを検討するために、FlowDesignerの開口率感度を用います。

現状の設計案では、目標温度よりも高くなってしまった

現在、図のように2カ所に開口を設けている。この設計案では、CPUの内部平均温度が150℃となり、目標温度80℃を大きく上回ってしまった。CPU温度をできる限り下げるためには、開口の位置・大きさをどうすればよいか、FlowDesignerの逆解析を使って検討する。

開口位置検討用モデルを用意

どの位置の開口がCPU冷却への影響力が強いかを検討するために、図のようなモデルを用意した。開口を配置し得る場所に「仮の開口(開口率5%<パーセント>)」を設置した。この仮モデルを解析すると、CPUの内部平均温度は189℃とさらに目標温度を大きく上回ってしまった。

そこで、FlowDesignerの開口率感度を実行!

そこで、FlowDesignerの感度解析を実行する。感度解析は条件をどのように変更すれば設計目標に近づけるか、その方向性が感度として表示される。1回の感度解析でさまざまな感度を得られるが、今回は「開口率感度」に着目して変更案を検討する。

開口率感度の評価はこう読み解く

FlowDesignerの開口率感度を行うと、図のように着色した。赤色に近づくにつれ、開口を設けるべき箇所と読み解ける。

開口率感度から分かった開口を設けるべき場所は…?

このトピックスの解析結果を資料にまとめています。もちろん無料!ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

筐体の開口位置を変えて温度はどう変わる?(解析結果付き)

主な内容
  • 解析結果と考察
  • 逆解析を利用した製品開発設計
  • FlowDesigner逆解析ではこんなことができます! など全18ページ

資料サンプル

資料サンプル

ほかにもこのような逆解析を行いました

ノートPCの熱設計を例題に、FlowDesignerの逆解析を利用した連載を行っています。設計目標をクリアするため、アプローチを変えながら改善案の検討方法を模索します。

FlowDesigner逆解析 第6回:ファンキャップ形状を変えると、CPUの温度はどう変わるのか?

FlowDesigner逆解析 第6回:ファンキャップ形状を変えると、CPUの温度はどう変わるのか?

第6回では、ノートPCの熱設計としてファンキャップの形状を検討し、効率的な放熱を目指します。FlowDesignerの位置感度解析は、設計目標に近づくための方向性が色つきの矢印で表示されるので、効果的な改善案を分かりやすくスピーディーに導き出せます。

FlowDesigner逆解析 第4回:ヒートシンクをコンパクトにすると、CPUの温度はどう変わるのか?

FlowDesigner逆解析 第4回:ヒートシンクをコンパクトにすると、CPUの温度はどう変わるのか?

第4回では、無音で取り付けが手軽な放熱装置・ヒートシンクのコンパクト化を検討します。コスト削減と最適な冷却構造を両立するため、FlowDesignerの感度分析で案を絞り込んで行きます。

FlowDesigner逆解析 第3回:ノートPC内の温度はファンの風量で変わるのか?

FlowDesigner逆解析 第3回:ノートPC内の温度はファンの風量で変わるのか?

第3回は、ノートPC内部の温度を下げるためにファンの風量をどのくらいにすれば良いか?を検証するために、FlowDesigner 感度解析(流量感度)を使います。

FlowDesigner逆解析 第2回:ノートPC内にはどのようなファンカバーが有効?

FlowDesigner逆解析 第2回:ノートPC内にはどのようなファンカバーが有効?

本連載では、FlowDesignerの逆解析を利用して、ノートPC内の熱をいかに下げるか検証していきます。今回はファンの風向をコントロールするには、どのようなファンカバーのデザインにすればよいか、開口率感度を使って検討します。

FlowDesigner逆解析 第1回:ノートPC内ファンの向き

FlowDesigner逆解析 第1回:ノートPC内ファンの向き

本連載では、FlowDesignerの逆解析を利用し、さまざまな改善案の検討方法をご紹介します。第1回はノートPC内部のファンの向きだけを変更して、温度をいかに下げるかがテーマです。

こう使う!熱設計における逆解析

こう使う!熱設計における逆解析

FlowDesignerの「逆解析」機能を使えば、現状案の解析、感度解析のわずか2回の解析でさまざまな改善案を感度として「見える化」することができます。熱設計における試行錯誤の時間が短縮されるだけではなく、今まで想像もしていなかった解決案が見つかるか...

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP