• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

部品の管理方法を見直してみませんか?

設計者を煩わせない、部品管理方法とは

設計段階では、過去の部品データを再利用する流用設計が行われています。実績のある部品を流用することで品質が安定し、ゼロから開発するよりも少ない工数で設計を進められるからです。流用設計をスムーズに行うには、部品を管理する「部品データのライブラリ化」がポイントです。

設計者を煩わせる部品管理・検索

設計を行う際には、JISをはじめメーカー購入や自社作成などの膨大な部品が必要です。部品管理において、設計者ならこんな困りごとを感じたことがあると思います。

  • 目的の機械部品を探すのに手間や時間をかかっている。
  • 同じ名前を持つ部品ファイルが複数のフォルダー内に存在していて、どれを使用してよいか分からない。
  • 近似の形状を持つ部品ファイルを多数作成していて、データの再利用がされていない。部品点数もサーバー容量も膨大になっている。
  • 部品メーカーのCADデータをSTEPやIGESなどの中間ファイルで入手したが、読み込み時に問題が発生してしまう。
  • 膨大な購入品のモデリング作業に、多くの人員と時間を費やしている。

そんなストレスはPARTsolutionsが解消します

部品管理・検索にかかるストレスは「PARTsolutions」が解消します。PARTsolutionsは国内外の600社以上の部品メーカーや各国の工業規格(JIS、ISO、DINなど)の機械部品を標準装備。社内情報と関連付けることで、開発・設計段階から最適な部品選定を可能とするCADに統合された部品情報検索システムです。

PARTsolutions利用イメージ

PARTsolutions利用イメージ

PARTsolutionsはただの部品集ではありません

各国工業規格部品や600社以上の部品メーカーのデータを標準装備。自社オリジナル部品や技術文書なども含めてPARTsolutions上で一元管理できます。部品においては、次のような情報を確認できるため、部品ライブラリのポータルとしてご利用いただけます。

  • 形状情報
  • 寸法情報
  • 付属部品の有無
  • 社内管理番号
  • メーカー型番
  • 価格
  • 技術情報 など

なお、標準装備データは軽量のオリジナルファイルでパラメトリックに作成されています。そのため、データ容量が非常に軽量です。

あらゆる情報をPARTsolutions上で一元管理

あらゆる情報をPARTsolutions上で一元管理

部品の収録に便利な機能

可動パーツに便利 拘束条件付きのデータとして収録

拘束条件が付加されたデータとしてライブラリに収録されます。拘束条件の設定ミスを防止し、アセンブリ拘束に所要する時間を大幅に短縮できます。

さまざまなCADネイティブデータに対応

SOLIDWORKSをはじめとする、さまざまなCADに対応。ヒストリー(履歴)付きのネイティブデータとして収録するため、STEPやIGESなどの中間ファイルの読み込みによる問題が発生しません。

独自の検索メソッド「インテリジェント検索」

独自の検索機能で目的の部品をすばやく検索できます。複数の条件を組み合わせての検索も可能です。

  • 形状検索:モデル形状から類似したモデルを検索。
  • 変数検索:ねじの呼び径や長さなどの変数からサイズを入力して検索。
  • キーワード検索:入力したキーワードからモデルを検索。
  • 日付検索:作成日や変更日からモデルを検索。

形状検索

形状検索

革新的なインテリジェント検索で、設計効率化を目指そう

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP