• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CAE(製造業向け解析)

はじめての解析セミナー

周波数解析を活用しよう!
実験データなどの解析に必要な周波数解析。数式などを使わずに分かりやすく解説している周波数解析に関する基礎知識トピックスをご紹介します。また、実際に周波数解析ソフトウェアを導入して効果を上げている会社様の導入事例もあります。
材料力学と有限要素法の基本を理解しよう
応力とは「力に関して基準を用いて考えた」ものです。基準となるものに断面積が用いられ、力を断面積で割ることで応力が求められます。今回は応力の種類や解析のコアとなる計算方法の有限要素法をマスターしましょう。
振動解析はなぜ必要か?
タコマナローズ橋崩落事故をご存じでしょうか?1940年アメリカで、たった風速19m/sで橋に共振が生じ崩落してしまった有名な事故です。もっと身近な場合では自動車のエンジンや乗り心地に振動は影響を与えます。望ましくない現象を発生させないために、「振動特...
伝熱解析の基礎「熱の伝達」を知ろう
伝熱解析は電子製品の試作や検証などに用いられています(例:製品内部温度分布把握や製品の小型・軽量化など)。今回は、伝熱解析の基礎「熱の伝達」についておさえましょう!
まずは解析の「非線形」を押さえよう
解析でよく出てくる「線形」「非線形」今回は非線形にフォーカスします。まずは基礎用語を押さえましょう。非線形とは何か:線形とはグラフで見ると直線で比例関係が成り立つことをいいます。非線形ではこの関係が成り立たないことを指します。
解析やデータ処理で耳にする周波数解析を知ろう
CAEによって得られた時系列の解析結果を処理する際に「FFT」という言葉をご存じですか?この処理を行うと、時間軸のデータが周波数軸のデータに変換されます。今回はなぜ周波数に変わり、元の時間との関係はどのようになっているか?などFFTとフーリエ変換を追...
流体計算のメッシュはどれくらい細かくすればよいの?
流体計算の結果はどれくらい信頼できるのか?これまで実測で済ませてきた現場に流体ソフトを導入するとき、必ず議論となる「メッシュサイズ」。今回はバックステップ流れを例にメッシュの感度解析をご紹介します。
設計者がCAEを使って検討しよう!
実際に企業にて設計者CAEを導入しようとしてうまくいかなかった例なども上がっております。設計者がCAEを使いこなしてくには静解析の考え方と、3次元モデルを作成する際のテクニックとは違った解析のためのテクニックというものを理解することが必要です。
設計でプラスチックの成形性を検討しよう
プラスチック製品の材料となる樹脂は成形加工性の良さ、コスト、そして近年注目される軽量化などのニーズからますます利用範囲が広がりつつあります。本来設計者にとっては、樹脂成形は金型や成形担当者の領域という認識がありましたが、最近では設計段階から検討するこ...
はじめての解析セミナー
これから解析をはじめる設計者の方に知っておいた方がよい基礎知識、ノウハウについてご紹介します。特定のソフトウェアに依存しない、通常有償で行っている教育の一部をお教えします!

構造解析

Abaqusで目に見えて分かる! コンクリートの強度
建築や土木分野の構造物の設計では、鉄筋コンクリート造(RC)部材の強度計算が日常的に行われています。今回は、RC部材の最大耐力や破壊挙動を確認・推定するために、RC梁の破壊試験とAbaqusを使った解析結果の比較検討を行いました。
IoT時代の製品設計に備える「ANSYS 18.0」を発表
アンシス・ジャパンは同社の汎用CAEソフトウェア「ANSYS 18.0」を発表。設計者向けCAEプラットフォーム「ANSYS AIM」や構造解析ツール「ANSYS Mechanical」、電子・電気設計分野の解析ツール「ANSYS Electroni...
太陽光発電システムの構造上の安全性を検証しよう
太陽光発電システムは設置場所拡大のため、農地や水上、傾斜地などさまざまな地形の場所に設置されます。また、地震による震動や台風による強風などの自然災害や気象条件に耐える必要があります。このような各種負荷による太陽光発電システムの構造への影響をCAEを用...
全国対応!その場で見れる 無料リモートデモサービス
無料リモートデモサービスは、インターネットを介してCADシステムのデモンストレーションをご覧頂けるサービスです。この機会に是非無料リモートデモをご覧ください。
解析ソフトのコスト削減シミュレーション!
解析ソフトの導入効果はどのくらいあると思いますか?ROIで皆様の会社が解析ソフトを導入した場合の効果をぜひ確認してみてください。
SolidWorks Simulation Professionalで他社と差別化
SolidWorks Simulation Professionalは、固有値解析、熱伝導解析、疲労解析、最適化解析など多岐に亘る構造解析が簡単な操作で利用可能なパッケージです。その一部を少しご紹介しましょう。
デザインスタディによるモデルの評価と最適化
試行錯誤設計を行う場合、デザインスタディを使用することで効率よく形状評価や形状最適化を実施することができます。
CAE(構造解析)
CAE(構造解析)に役立つトピックスを紹介します。

熱流体解析

電球の表面温度を超えて温度が上がり続ける「見えない熱」輻射熱と火災の危険
「東京デザインウィーク」内にあった木製の展示物で火災が発生し、死亡事故へとつながった。このような事故が再度起こらぬよう注意喚起として、かつてFablab鎌倉でも活動した早稲田治慶氏が炎熱と輻射熱の違いやその危険性について解説する。
伝熱解析を活用しよう!
電子機器や製品設計における熱問題対策は安全性と性能を保つために必要不可欠です。本トピックスでは、伝熱に関する基礎知識とソフトウェア選びに役立つトピックスや事例をまとめました。
太陽光発電システム周辺の風の流れを検証しよう
大規模なシステムになると、設置場所により周辺環境からの風の影響を考慮する必要が出てきます。また、小規模なものでもシステムのそれぞれのユニットの設置角度などにより風の影響を受ける場合があります。それでは、CAEを用いて風の影響を確認するにはどうすればい...
より高度なふく射解析 ~HVACオプション~
SOLIDWORKS Flow Simulationでは、3つの伝熱(熱伝導、対流、ふく射)を考慮した解析ができます。さらに「HVACモジュールオプション」を追加すると高度なふく射の設定ができ、ふく射熱の解析を行うことができます。
伝熱の基礎 ~3種類の伝熱の違いを比較しよう~
熱の伝わり方は大きく分けて熱伝導、対流、ふく射の三種類が存在します。今回は熱流体解析ソフト SolidWorks Flow Simulationを使用し、電子機器筐体モデルを例として3種類の伝熱の違いを比較してみましょう。
SolidWorksだけで流体解析ができる!?
3次元CAD SolidWorksには簡易的に流体解析を行える「FloXpress解析ウィザード」機能が搭載されています。今回は、このFloXpressで実際にどのような解析が行えるかご紹介します。
伝熱解析と熱流体解析の違いとは?
伝熱解析(熱伝導解析)と熱流体解析は何が違うのでしょうか?今回はSolidWorks上で解析を行えるSolidWorks SimulationとSolidWorks Flow Simulationを使用して「ヒートシンクの熱解析」をテーマに、解析の違...
SolidWorks Flow Simulation業界別導入事例 ~医療・化学編~
SolidWorks Flow Simulation業界別導入事例 第3弾は医療・化学に絞り事例をご紹介します。実際に導入されたお客様の課題や決め手をお伺いしました。
SolidWorks Flow Simulation業界別導入事例 ~電子機器・電子部品編~
SolidWorks Flow Simulation業界別導入事例 第2弾は電子機器・電子部品にフォーカスします。実際に導入されたお客様の課題や決め手をお伺いしました。
SolidWorks Flow Simulation業界別導入事例 ~産業機械編~
熱流体解析(CFD)ソフトウェアのSolidWorks Flow Simulation。最近では3次元CADへデータ活用についで、多くの方が検討しています。では、実際に導入されたお客様は何が決め手だったのでしょうか?
全国対応!その場で見れる 無料リモートデモサービス
無料リモートデモサービスは、インターネットを介してCADシステムのデモンストレーションをご覧頂けるサービスです。この機会に是非無料リモートデモをご覧ください。
CAE(熱流体解析)
CAE(熱流体解析)に役立つトピックスを紹介します。

樹脂流動解析

これから始める射出成形シミュレーション!
プラスチックの成形不良が発生!でも、何度もトライ&エラーを繰り返すのは避けたいですよね。そんな方は射出成形シミュレーションを検討してみてはいかがでしょうか?近年では、設計者の方が射出成形を十分に実施できる機能を備えたソフトが販売されています。
樹脂(プラスチック)成形に解析を活用しよう!
成形加工性の良さ、コスト、軽量化などのニーズからますます利用範囲が広まっている「樹脂」。そして短納期、低コスト、高品質化の切り札となる「解析」。今回は樹脂流動解析に役立つトピックスをまとめました。
全国対応!その場で見れる 無料リモートデモサービス
無料リモートデモサービスは、インターネットを介してCADシステムのデモンストレーションをご覧頂けるサービスです。この機会に是非無料リモートデモをご覧ください。
製品設計部門で行う射出成形シミュレーション
「製品形状に起因する問題」は、コストのかかる上、下流工程での手戻りを発生させてしまいます。今回は設計部門で樹脂流動解析ソフトを利用した活用例を、モデルを題材にご紹介致します。
CAE(樹脂流動解析)
CAE(樹脂流動解析)に役立つトピックスを紹介します。

光解析

全国対応!その場で見れる 無料リモートデモサービス
無料リモートデモサービスは、インターネットを介してCADシステムのデモンストレーションをご覧頂けるサービスです。この機会に是非無料リモートデモをご覧ください。
CAE(光解析)
CAE(光解析)に役立つトピックスを紹介します。

その他の解析

太陽光発電パネルの日射量を検証しよう
発電量は日射量に比例します。そのため、年間を通じてどれくらい積算日射量があるか調査することも重要です。CAEを利用し日射積算量を求めてみましょう。
スーパーコンピュータをCAE解析で手軽に活用
CAEソリューションズ「FOCUSテクニカルセンター」を開設し、CAEユーザへFOCUSを活用したサービスの提供ができるようになりました。
第2回 流体解析ソフトOpenFOAMのスーパーコンピュータ活用メリット
第2回目はOpenFOAMの利用を検討されている方の参考に、オープンソース流体解析OpenFOAMの現状とFOCUSスーパーコンピュータとPC(6coreCPU)とのOpenFOAMの計算速度を比較した結果をご紹介します。
第1回 FOCUSとCAEソリューションズ
第1回目はCAE解析ユーザにスーパーコンピュータの利用を促進していく、FOCUSやCAEソリューションズの事業についてご紹介します。
データ処理(Excel)で困っていませんか?
Excelでは扱えないほどの大量のデータ処理を自動で短時間で行うツールがDADiSPです。某自動車部品会社様の導入事例を挙げながら、DADiSP導入効果をご紹介します。
CAE(その他の解析)
CAE(その他の解析)に役立つトピックスを紹介します。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP