• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

太陽光発電パネルの日射量を検証しよう

日射状況を把握して地理条件に合った配置を検討しよう

太陽光発電システムは発電効率の良い地理条件に配置することが求められます。年間を通じてその配置状況が適切かどうかを把握するには、太陽の軌道と設置場所の経度・緯度などの条件から日射の年間積算量を求め、創出される電気の発量をシミュレーションで求める必要があります。

メガソーラーと住宅設置用のソーラーパネルの場合において、シミュレーションで求められる内容をご紹介します。

資料請求(無料)

1.メガソーラーの日射シミュレーション

メガソーラーの発電効率は山頂部または谷合いでの風の流れや日射積算量の違いなど、配置している地理条件により変わります。

これらの風の流れや日射積算量の違いは3次元の地形情報をCIMツールにて作成し、日射解析対応の熱流体解析ソフトウェアにて日射軌道の設定などをしてシミュレーションすることにより確認できます(日射積算量の計算には、日射がある部分の材料特性などの熱的条件は一切不要です)。

3Dデータ提供元:Living CG社

2.住宅設置用ソーラーパネルの日射シミュレーション

家庭用のソーラーパネルは「パネルの設置費用<発電した電気の売電収入」ならば、設置効果ありとなります。しかし、初期投資が大きいため何年でもとが取れるのか気になるところです。

パネルの割り付け枚数はパネル1枚あたりどれぐらいの発電量があるかがベースとなりますが、配置パネルの規格(大きさ)や配置する屋根面の大きさ、あるいはその方位(南向きなら期待できるが、大きな屋根面が南面とは限らない)により変わります。さらに、住宅の屋根に配置された太陽光パネルは周囲の高い建物の影響を受けてその影に隠れることもあります。このため、太陽光パネルが影に隠れる時間がどのくらいあるのかも試算に必要となります。

詳細資料

資料サンプル

資料サンプル

『太陽光発電パネルの日射量を検証しよう』トピックスに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

関連トピックス

太陽光発電システムの構造上の安全性を検証しよう
太陽光発電システムは設置場所拡大のため、農地や水上、傾斜地などさまざまな地形の場所に設置されます。また、地震による震動や台風による強風などの自然災害や気象条件に耐える必要があります。このような各種負荷による太陽光発電システムの構造への影響をCAEを用いて検証し、十分な安全性を持つ構造にすることが重要です。
太陽光発電システム周辺の風の流れを検証しよう
大規模なシステムになると、設置場所により周辺環境からの風の影響を考慮する必要が出てきます。また、小規模なものでもシステムのユニットの設置角度などにより風の影響を受ける場合があります。それでは、CAEを用いて風の影響を確認するにはどうすればいいでしょうか?
太陽光発電システム設置場所の検討はこのツールにお任せあれ!
地形、工事土量、日照シミュレーション・・・と太陽光発電システムの地形を考慮した設計・建設業務のご要望はこのツールが解決します。まずは、お客様の「太陽光発電システムでやりたいこと」をお聞かせください。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP