• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

中国に適した情報セキュリティ対策とは

中国拠点のセキュリティ対策は大塚商会の中国法人にお任せください

中国現地にて設計業務を行うにあたり、重要なのが、情報セキュリティ対策です。現地にIT担当者がいない、現地に適した情報セキュリティ対策をどうしたらよいかわからない、といった課題をお持ちのお客様はいらっしゃいませんか?
中国にはIT法規制があり、その法令に則した対策も必要です。大塚商会の中国法人では、中国のIT法規を見据えて、現地に適した情報セキュリティ対策をご提供いたします。

中国進出企業が抱えるよくある課題

中国に進出を果たしたお客様から、以下の課題をよくお聞きします。

  • IT担当者は本業と兼務しているため、情報セキュリティ対策を施す際、担当者の負担が少ないシステム構築をしたい。
  • 従業員が就業時間中に業務外のサイトを閲覧し、ネットワークトラフィックを圧迫している。
  • 従業員の離職率が高く、退職時に機密情報の流出が心配である。
  • 中国にはIT法規があるようだが、適したシステムが不明である。
  • 不許可ソフトウェアやUSBメモリの利用を制限したい。

日本では当たり前の対策が、中国では未整備であることも多くあります。また、日本で利用しているセキュリティ対策製品がそのまま中国で入手できるとは限りません。

中国のIT法規

中国のIT法規を2つご紹介します。インターネットに関するセキュリティ条例「公安部第82号規定」と、海外製の暗号化製品の使用を厳しく規制する「商用暗号管理条例」です。

公安部第82号規定

公安部第82号規定は、インターネットを使用する単位はコンピュータウイルス、ネットワークへの侵入と破壊行為など、ネットワークの安全を脅かす事項や行為を防ぐ措置を施さなくてはならず、また、ログオフ時刻、アカウント名、アドレス、ドメイン名などの情報を少なくとも60日間保存しなくてはならない、と定めたものです。

商用暗号管理条例

商用暗号管理条例は、海外製暗号製品の中国への輸入、販売を禁止しており、国家暗号管理局が認可した暗号製品のみ利用可能と定めた条例になります。

大塚商会中国法人ならこうご提案します

大塚商会の中国法人では、中国の現地事情に対応するため、公安部第82号規定に適した製品をご提案しております。ゲートウェイを通過するログ収集・制御、メールの監視・制御、チャットの記録、URLのアクセス制御、ウイルスチェック・フィッシング対策機能など1台で多くの機能を備えた製品となります。

また、クライアント対策としては、ファイル操作ログの収集、デバイス制御、アプリケーションの使用ログ取得、ネットワーク通信の制御など、14個のモジュールから必要なモジュールを選択でき、管理者の負荷の少ないソリューションをご提供しており、既に多くの企業様にご導入頂いております。また、日本と同様の暗号製品を中国で利用されたいお客様に対しては、利用申請のご支援もさせていただいております。大塚商会中国法人では上記のご提案だけではなく、お客様の業務内容に適したセキュリティ対策のご相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP