• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CIM教育・研修

お客様が安心してCIMやi-Constructionの導入・運用が行えるよう、製品の教育を行っています

CIM / i-Constructionの教育・研修

CIMやi-Construction対応に向けて製品の扱いに慣れておく必要があります。2次元CADと違い、3次元CADの操作やデータ活用方法を習得するには、独学では非常に時間がかかります。お客様が3次元モデルの作成をスムーズに習得できるよう、大塚商会では各種教育メニューをご用意しています。

スクールについてのご相談はお気軽にお問い合わせください。

CIMスクールのご相談、お問い合わせ

研修風景

i-Construction対応 AutoCAD Civil 3D & ReCapスクールメニューをご用意しました!

国土交通省が推進するi-ConstructionのICT活用工事への取り組みに向けて、UAV空撮写真から作成した3D点群の活用、3次元設計データ作成のニーズが高まっています。この講習では、「空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)」に準じたデータ作成作業を、Autodesk ReCap 360とAutoCAD Civil 3Dを利用して行う方法を学びます。i-Constructionへ対応したい方、また、土工モデルを作成したい方に向けた内容となっています。

本スクールは企業様単位で開催します。金額・日程については、お気軽にお問い合わせください。

i-Construction対応スクールのご相談、お問い合わせ

CIM製品の役割を学ぶ! スタートアップコース

これからCIM対応を始められるお客様を対象とした「CIMモデリング速習」スクールを開催しています。Autodesk社のCIM対応製品を導入され、まずは各製品の役割と基礎知識を短期間で学びたいという方にお勧めのコースです。

この講習では、Autodesk社のCIMの主要ソフトであるAutoCAD Civil 3D、Autodesk InfraWorks、Autodesk Revit Structure、Autodesk Navisworks Manageの4製品を使用し、3次元CIMモデル作成の演習を通してCIM対応ソフトの役割を学びます。

Civil User Groupより認定をうけた大塚商会オリジナルのテキストを利用し、Autodesk認定トレーニングセンターとして、質の高い講師陣が丁寧に対応いたします。

じっくりと操作を学ぶ!ベーシックコース

CIM対応ソフトの操作をじっくりと学びたいという方には、製品ごとのスクールをお勧めします。
実際のプロジェクトで活躍できる人材、スキルの習得を目的としており、基礎・応用などのレベルや目的に応じた講習が可能です。

研修について

CIMやi-Constructionの研修は「集合研修」の形態となります。当社のスクール会場にて研修を実施する「来場型企業スクール」、御社の研修会場に講師を派遣して研修を実施する「出張型企業スクール」が行えます。

来場型企業スクールをご希望の場合は全国にある当社スクール会場(αラーニングセンター)にて実施します。当社スクール会場の場所は次よりご確認ください。

全国のスクール会場一覧

認定トレーニングセンターとしての信頼

大塚商会の研修はメーカーのサポート認定者による、高品質できめ細やかな指導で、数多くの企業から高い評価をいただいています。

Autodesk Authorized Training Center

大塚商会は2011年「FY12 APAC ATC Award」を受賞しました。
2年に一度、APAC全体で優れたパフォーマンスのATC(オートデスク認定トレーニングセンター)が表彰される「FY12 APAC ATC Award」を受賞しました。その年APAC約600社のうち、6社のみが受賞と大変栄誉ある賞です。日本では唯一当社が受賞いたしました。

FY12 APAC ATC Award受賞

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP