• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

スムーズな合意形成へと導く建築設備ソフト Rebro2011

BIMと連動したRebro2011

早期にBIM総合図(属性をもった3Dモデル)を作成することで、施主と設計者、設計者と施工者、建築(意匠・構造)と設備など物件に携わる人の間で正確にすばやく合意形成を図ることができます。特に設備では躯体と設備の干渉や施工手順の問題点が明確になり、手戻りを減らすことにつながります。

レブロは3Dモデルのため平・断面が常に連動しており、1か所に加えられた修正は瞬時に関連データに反映されます。また、BIM総合図からは必要に応じて、スリーブ図、見積図、2Dの設計図、施工図など図面情報を取り出すことができます。

Rebro2011

動画で機能紹介

レブロを使用した、配管や部材接続作図の様子を動画でご紹介しています。下記よりご覧ください。

Rebro2011 動画紹介

Rebro2011動画

5つの特長

3Dモデルデータ

ひとつの3Dモデルデータから平面図、断面図、詳細図、衛生図面、空調図面、スリーブ図などの図面を思いのままに切り出すことができます。各図面データは、CGも合わせて常に連動しており、1か所に加えられた修正は、瞬時に関連データに反映されます。

高精度な図面

3Dモデルならではの平面・断面の整合性の高さ、配管の勾配処理もリアルに再現しています。平面から高さ情報を入れることができるので入力負荷を感じることなく簡単に3D作図が行えます。

直感的な操作

ハンドル機能によりコマンドを起動することなく作図・編集を実行することができます。コンテキストメニュー(右クリックメニュー)により選択したデータに対して編集可能なコマンドを選ぶことができます。直感的な操作が、短期間でレブロの操作の習得を実現しています。

完全64bit対応

大型物件も扱えるように64bit OSに対応。BIMなどの大容量建築IFCデータやDWGデータでも安心してレブロに取り込み、設備データを入力することが可能です。

BIMへの対応

レブロの精度の高いモデルデータは、BIMの現場で実稼働しています。フロアレベルを指定しての配管・ダクト・ラック等のルーティングに対応。豊富な3D機器・器具が他社図面に差をつけます。

Rebro2011

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP