• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

BIMデータを使用した建築確認申請手続きによる国内初の確認済証を交付

BIMデータを使用した建築確認申請を実現

フリーダムアーキテクツデザイン株式会社(以下、フリーダムアーキテクツデザイン)、株式会社住宅性能評価センター(以下、住宅性能評価センター)、株式会社大塚商会(以下、当社)、オートデスク株式会社(以下、オートデスク)は、BIMソフトウェア「Autodesk Revit」のBIMデータを使用した建築確認申請を実現するために2016年4月から協業し、8月に国内で初めての確認済証が住宅性能評価センターから1件交付されました。各社は今後もBIMデータを使用した申請・審査プロセスの確立と普及を目指して協業体制を継続していきます。

BIMデータを使用した申請の流れ(概略)

今回の申請の流れ(概略)は以下のとおりです。

  1. 確認申請の事前相談時に、申請書と共にBIMデータを確認検査機関に提出。必要な修正を経て受付される。
  2. 確認検査機関は申請書およびBIMデータを元に事前相談を実施。
  3. 申請者および設計者が、確認検査機関に提出した申請書と各図面に電子署名する。
  4. 申請を受付後、適合が確認できた場合、確認済証が交付される。

BIMデータを活用した建築確認事前相談と本受付から交付までの流れ(住宅性能評価センター F-2Webシステムを使用した流れ)

近い将来、必ず訪れる建築確認申請図面も「Revit」で、の時代

2015年秋から、BIMを取り扱えるRevitの運用を推進しているフリーダムアーキテクツデザインの導入レポートを掲載しています。今回の指定確認検査機関も求めていた、よりスマートな確認申請の手段についても、概要を下記レポートにまとめていますのでご覧ください。

近い将来、必ず訪れる建築確認申請図面も「Revit」で、の時代

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP