• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

建設業の「設備投資・運用」と「働き方」を大きく変えるテクノロジーとは?

BIMソフトウェアの活用で必要となるハイエンドPC。その環境を実現する新たなテクノロジーに迫る

建設業界でBIM(Building Information Modeling)活用が加速しています。BIMソフトウェアの活用で必要となるのはハイエンドPCですが、その機能実装で新たなテクノロジーとして期待されているのが、仮想GPUを搭載したVDI技術です。そして、VDI環境でBIMソフトウェアを活用する「BIM on VDI」は大きな注目を集めています。

今回は大塚商会に加え、エヌビディア社、レノボ社を招き、BIM on VDIのエキスパート集団に「BIM on VDI」の技術背景と導入のポイントをインタビューしました。

BIM on VDI 登場の背景

VDI環境でBIMを使おうというニーズはいつごろから出てきたのでしょうか?

長井尚史:BIM活用でVDIニーズが急速に高まったのはここ1、2年ですが、シンクライアント環境でCADを使いたいというニーズは10年以上前からあります。ただ、当時の仮想デスクトップは、グラフィックボード性能や画面転送プロトコルなどに多くの課題があり、2DCADでも快適に使える状況ではありませんでした。しかし現在では、NVIDIA GRIDテクノロジーの仮想GPUの登場により、BIMソフトウェアが快適に動作する環境の構築が可能になりました。

BIM on VDIのメリットとしてはどのようなことが期待されていますか。

長井尚史:メリットは大きく分けて三つあります。一つめは投資コストの最適化です。BIMソフトウェアを利用する時はVDI、オフィス系業務など高いスペックを必要としないソフトウェアを利用する時は自分のPCを利用すると、全員に高機能PCを配布する必要がなくなり、IT資産の利用効率が格段に上がります。

大塚商会
PLMソリューション営業部 課長
長井尚史

この記事の続きはBIM on VDI特集ページでご確認ください。

BIM on VDI 最前線 テクノロジー編

VDIとは

「BIM on VDI」は、サーバー上で仮想的に動作しているワークステーション環境の画面を、ユーザーの手元の端末(ノートPC、タブレットなど。一部のスマートフォンにも対応)へ転送する仕組みです。ユーザー側からはマウスやキーボードなどの入力情報をサーバー側へ転送し、CADを操作します。実際の設計図面などのデータそのものをユーザーの端末へと転送することはなく、情報漏えいの危険性は極めて低いことが特徴です。

ユーザーは、端末をインターネットに接続できる環境ならば、どのような場所でもCADを操作することができます。デスクに縛られることなく、自社の会議室やクライアントのオフィス、出張先や外出先でも作業を行うことが可能です。「BIM on VDI」に特化したGPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット(グラフィック専用処理装置))を搭載したサーバーが、ストレスのない描画を実現します。画面と入出力の信号を転送するだけのシンプルな仕組みのため、ネットワークへの負荷も非常に小さく、「画面がカクカクする」といったようなパフォーマンスの問題も回避されています。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP