• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

AutoCAD 2015は前バージョンとココが違う

2014年3月20日より販売開始になったAutoCAD 2015

AutoCADの最新バージョン2015が2014年3月20日にリリースされました。本バージョンは画面周りを一新し、異なる表情に生まれ変わっています。新機能や気になるファイル読み込み・保存形式の対応についてご紹介します。

AutoCAD 2015パッケージ

刷新されたインターフェース

従来のAutoCADはメニュー画面が白ベースでしたが、2015ではダークグレーに刷新。目にやさしい色味を採用し、設計者の負担を軽減しているそうです。また、オブジェクトを選択した際に太字でハイライトするなど表示もより見やすくなっています。

AutoCAD 2015 インターフェース

AutoCAD 2015はダークグレー色のインターフェースに

生産性を向上させる新機能

ラインスムージング機能

従来ハードウェアアクセラレータ機能に依存していた斜め線などのスムーズ表示が単独の機能になりました。このため、ハードウェアアクセラレータ機能を無効にしていてもスムーズなライン表示ができます。

AutoCAD 2014でのライン表示

AutoCAD 2014でのライン表示

AutoCAD 2015でのライン表示

AutoCAD 2015はスムーズなライン表示が特長

投げ縄選択

矩形選択では選びきれなかった形状も一度に選択できるようになりました。

コマンドのプレビュー

Office 2010 のようなプレビュー機能が搭載されました。コマンドを実行する前に実行後のイメージ画面が表示されます。これによりコマンドを実行し直す手数を削減できます。

そのほかの機能

これらの新機能のほかにもさまざまな機能強化やクラウドとの連携強化がなされ、より使いやすくなっています。

機能概要
タブページ新しい図面と既存の図面をタブで管理でき、ファイルオープンの手間を省ける。
最近使用したドキュメント最近使用したドキュメントをサムネイル表示する。
リボンメニューのカスタマイズよく使う機能を手前に表示したり、不要な機能を外したりとリボンメニューをカスタマイズできるため、クリック回数を減らし設計時間を短縮できる。

ファイルの読み込み・保存

ファイルの読み込み

AutoCADのファイル形式は3世代ごとに更新されます。2015バージョンは2013形式を継続し、ファイル読み込みはすべてのバージョンに対応しています。

ファイルの保存

AutoCAD 2015の保存は次の形式に対応しています。

DWGファイルR14、2000、2004、2007、2010
DXFファイルR12、2000、2004、2007、2010

なお、APIを利用したアドオンアプリケーションのバイナリ互換は今回より3世代ごとの更新から外れます。プログラムファイルの供用が新しくなり再コンパイルが必要となりますので、開発者の方はご注意ください。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP