• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

日本語対応した「Fusion 360」―未来のモノづくりプラットフォームに

オートデスクは2015年10月9日、クラウドベースの3次元CAD/CAM/CAEツール「Autodesk Fusion 360」(以下、Fusion 360)の日本語対応を開始したことを発表した。今回の正式アナウンス前から日本語対応された最新バージョンがダウンロード可能だったこともあり、既に日本語化されたインタフェースでFusion 360を利用しているユーザーもいることだろう。

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

日本語対応を果たした「Autodesk Fusion 360」(出典:オートデスク)

事業戦略立案責任者 スティーブ・フーパー氏にインタビュー

日本語対応について、米Autodeskで製造業向け事業の戦略立案責任者を務めるスティーブ・フーパー(Stephen Hooper)氏は、「Fusion 360の英語版をリリースした当初、ここまで日本のユーザーが(英語版にもかかわらず)ダウンロードして積極的に使用してくれると思わなかった。現在、Fusion 360の利用者数でみると日本はトップ3に入る。こうした反響を受け、今後より多くの日本人ユーザーに使ってもらうために日本語化は欠かせないだろうと判断し、正式にサポートすることにした」という。

ちなみに、Fusion 360は2013年に英語版がリリースされ、中国語に続き、このたび待望の日本語対応を果たした。

米Autodeskで製造業向け事業の戦略立案責任者を務めるスティーブ・フーパー(Stephen Hooper)氏

解析機能の強化により品質の高い設計が可能に

今回のアップデートでは、日本語対応と併せて幾つかの新機能が追加されている。

その中でも大きな機能の1つが、線形静解析と固有値解析のサポートだ。「これまで、解析というのは出来上がったものを後から評価するのが一般的だった。しかし、これからは早期のデザイン段階である程度の解析・評価をしてしまうことで設計品質を高め、手戻りコストを削減していくことが重要となる。今回の解析機能の強化は、Fusion 360ユーザーにとって大きなメリットになるはずだ」(フーパー氏)。

解析を行う際は、どの素材(マテリアル)でどの解析を行うか決定し、3次元空間上にアセンブリを固定。アセンブリのどの部分に力を掛けるかを指定する。解析を実行する際に必要となるメッシュ化は、複数のオプションから選択可能で、安定かつ確実にメッシュ化できるよう工夫されているという。

「Fusion 360の特長の1つは使い勝手の良さだ。解析というと難しいイメージを持たれるかもしれないが、設計と同じツール上で、簡単な操作で解析を実行できる」(フーパー氏)。なお、Fusion 360には解析結果をレポーティングする機能も備わっている。

チーム設計、コラボレーション機能の強化

また、設計データや解析結果といった関連情報/ドキュメントなどを、関係者に共有し、コラボレーションしながら設計・開発を進めるための仕組みも強化されている。

1つは今回のアップデートで追加された「ライブビュー」機能だ。同機能はWebブラウザベースのビュワーで、自分のPCに表示されている作業スペースを、ネットワークを介して他のPCやタブレット端末上にリアルタイム表示することができる。リアルタイム表示とともに、チャット機能なども利用できるため画面を共有しながらのデザイン検討が迅速に行えるという。

さらに、Fusion 360そのものではないが、同年10月9日に同じく日本語版の提供が開始された、設計プロジェクト向けコラボレーションサービス「Autodesk A360」により、プロジェクトチームメンバーとのデータ共有やチャットによる議論など、さまざまなコラボレーションをリアルタイムで実施できるようになった。

旋盤加工をサポート

そして今回、CAM機能についても強化されている。これまでマシニング加工のみをサポートしていたが、新たに旋盤加工機能を追加。同時に、工具ライブラリの操作性を向上させ、旋盤工具をライブラリに加えた。

「Fusion 360の最大の特長は、1つのパッケージの中に、工業デザイン、機械設計、解析、機械加工、ビジュアライゼーションといったモノづくり全般にかかわる機能が盛り込まれている点にある。従来は、業種や工程ごとに使用するツールが異なっていたが、Fusion 360はこうした異なる業種/工程を気持ちよくつなげることができるツールである」とフーパー氏は説明する。

また、今回の新機能ではないが、製造という観点では、3Dプリンタとの連携も強化されている(2015年6月のアップデートに含まれていた内容)。Fusion 360で作成した3DモデルをSTL化し、そのままダイレクトに「Meshmixer」「Print Studio」「MakerBot」といったツール(3Dプリントユーティリティ)へ吐き出すことができるという。

使い勝手の向上やユーザー同士の交流の場も

ツールの使い勝手を向上させる取り組みとしては、キーボードのショートカット機能が新たに追加された。

「マウス操作による画面上のメニュー/オプション選択だけだと非効率なケースもある。今回モデリング操作を効率的に行えるよう幾つかの機能をキーボードのショートカットに割り当てた」(フーパー氏)。例えばスケッチを描く際、参照線に変更するオプションがショートカットキー1つで行えるようになったという。

さらに、Fusion 360はこれまで日本語での情報が少なかったが、今回新たにユーザー同士がWeb上で自由に情報交換できる「フォーラム」を日本語で開設した。

Fusion 360は未来のモノづくりのプラットフォームに

6週間から2カ月に1回程度のペースでアップデートが行われ、新しい機能が次々に追加されていくFusion 360。同社はFusion 360をどのように位置付け、発展させていくつもりなのだろうか。

「われわれは、新たな設計・製造方法の確立や消費者ニーズの多様化、購買行動の変化、革新的な製品の登場など、これまでのモノづくり、産業構造が大きく変化する中で、『The Future of Making Things ~ものづくりの未来~』という考えの下、Fusion 360を未来のモノづくりプラットフォームに据え、こうした大きな変化に率先して対応していきたいと考えている」とフーパー氏。

同社は、こうしたビジョンに向けてFusion 360のアップデートを進めていくという。

「The Future of Making Thingsの考えに基づく将来の構想は、何年もかけて進めていくものだ。現状は、とにかくFusion 360を多くのユーザーに気軽に使ってもらうことが重要だと考えている。これだけ豊富な機能を学生やスタートアップ企業(年間売上1200万円未満)であれば無償で使える。有償でも月々2970円(年間ライセンス3万5640円で購入の場合。なお月額ライセンスは4320円)と少額から利用できる。モノづくり全般で使える豊富な機能を1つのパッケージにし、無償提供するツールは他にないだろう」(フーパー氏)。

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP