• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Autodesk One Team Conference 2016レポート

オートデスクは、全世界の販売パートナーを対象とした大規模なカンファレンス「Autodesk One Team Conference 2016」を2016年2月29日から3月2日まで米国ラスベガスで開催しました。「LEAD THE WAY ~先頭立って~」を開催テーマに、オートデスクの主要エグゼクティブが一堂に集結し、今後の製品戦略などを発表しました。これまで一般公開されることのなかったAutodesk One Team Conference 2016の基調講演やセッションの様子を初レポートします。

基調講演でオートデスクの今後のビジョンを発表

クラウドには無限のコンピューティングパワーがある(カール・バス氏)

Autodesk One Team Conference 2016のGeneral Session(基調講演)では、オートデスクの主要エグゼクティブが一堂に揃い、オートデスクの今後の製品戦略などを発表しました。その中で、最高経営責任者(CEO)であるCarl Bass(カール・バス)氏は、「現在はクラウドが大きな進化を遂げている。10年以内に世界中でデザインするものは全てクラウドに移行すると確信している」と指摘。クラウドは無限のコンピューティングパワーを活用でき、毎日飲むコーヒー1杯分の料金で高度なシミュレーションも実行可能になるので、ぜひ有効活用してほしいと呼びかけました。

時代の変化にいち早く対応することが重要(スティーブ・プラム氏)

ワールドワイドのセールス/サービス担当 上級副社長のSteve Blum(スティーブ・プラム)氏は、「今後永久ライセンスは販売しない。サブスクリプションビジネスへ大きく移行する」と語りました。「オートデスク製品の販売方法の急激な変化に戸惑っている方もいるかもしれないが、サブスクリプション契約を結ぶことで、導入コストを抑えて最新の機能を常に享受できるようになる」と述べ、常に時代の変化を的確にとらえ、それにいち早く対応することが重要だと指摘しました。

ソフトウェアは所有する時代から利用する時代へ(アマー・ハンスパル氏)

IPG製品グループの上級副社長のAmar Hanspal(アマー・ハンスパル)氏は、「クラウドによって全てが変わりつつある。ソフトウェアを所有する時代から、ソフトウェアを利用する時代へと大きく変化している」と指摘。

オートデスクは、今後フラッグシップ製品を全てクラウドと連携させ、クラウド上でデータの管理や共有が行える環境を実現し、A360をベースとするクラウドネイティブな製品の開発を進めていくと発表。「企業競争力を高めるためには、ほかのまねをしていてはいけない。攻めのビジネスに転じるためにクラウドへシフトする必要がある」と強調しました。

さまざまな分野に焦点を当てた多彩なセッションを実施

MFGの主要な製品ライフサイクルで新たな価値を提供

昨年度はMFG業界における創造の未来という考え方を広めたが、本年度は、その考え方を製品イノベーションプラットフォームの確実な実用化につなげていくと表明。これにより、お客様の製品ライフサイクルの三つの主要領域(設計・製造・使用)で新たな価値を提供していく考えです。

BIMソリューションであらゆる情報を入手できる環境を実現

「プロジェクトの複雑さが増すにつれ、BIMの重要性がますます高まっている」と指摘。建築と公共インフラ向けの最先端のBIMソリューションを提供し、ワークフローの結合によって、お客様が日々行っているプロジェクト開発のあらゆる段階で、施主の現在および将来のニーズを満たすために必要な情報を入手できる環境を実現していくと表明しました。

お客様の未来のニーズを予測して課題解決に導く

「今、お客様が求めているのは特定の製品やサービスではなく、お客様の課題を解決するソリューションである」と語り、そのためには、お客様の現在のニーズに一致させるだけでなく、未来のニーズを予測しなければならないと指摘。それによって、サブスクリプションの更新や導入を促進しながら、お客様の課題解決を導いていくことが重要だと述べました。

大塚商会がアジア地域でNo.1の評価をいただきました

Top Reseller in Subscriber Growth - APACを受賞

大塚商会を代表して、取締役 兼常務執行役員の鶴見裕信が、Top Reseller in Subscriber Growth - APACを受け取りました

大塚商会は「Top Reseller in Subscriber Growth - APAC」の、栄えある第1回受賞リセラーとなることができました。これは、2016年度のアジア地域におけるサブスクライバー(サブスクリプションの加入者)の伸長率が最も高いリセラーに授与されるもので、オートデスクがサブスクリプションビジネスへ大きく移行するのに際して新設された最も栄誉のある賞です。

2016年度 Autodesk 受賞・認定パートナー歴

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP