• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

「Design」「Make」「Use」が融合する時代、設計者の役割も変わる?

オートデスクは2016年9月8日、最新ソリューションやユーザー事例などを紹介するセミナーイベント「Autodesk University Japan 2016」を東京都内で開催した。基調講演には、米国本社でワールドワイド・セールス・サービス担当上級副社長を務めるスティーブ・ブラム氏が登壇。同社のコーポレートスローガンにもなっている「The Future of Making Things ―創造の未来」をテーマに、建築や製造業、エンターテインメントといった各分野における同社の採用事例を紹介した。

オートデスクのスティーブ・ブラム氏

DesignとMakeの融合によって新たな価値が生まれている

ブラム氏が最初に紹介したのは、米国のConXTechという建築会社だ。ConXTechは、ビル建築に必要な梁や柱をオフサイトであらかじめ組み上げておくことで、従来よりも建築にかかる時間を30%短縮できる技術を特徴としている。いわゆるモジュール化の技法を、建築分野に適用した格好だ。

ConXTechの技術を用いたビル建築の様子
(出典:オートデスク)

建築したビルの最終的な完成形
(出典:オートデスク)

ブラム氏は、「創造のための『Design』『Make』『Use』という3つのプロセスは異なるものとして別々に管理されていた。しかし今やこれらは、クラウド、ソーシャル、モバイルによって融合しつつある」と語る。ConXTechの事例は、DesignとMakeの融合によって新たな価値が生まれていることを示している。

ハードウェアと融合したゲームの開発を短期間で成功させる

エンターテインメント分野では、Sensible Objectというベンチャー企業が、ハードウェアと融合したゲームの開発を短期間で成し遂げた事例を紹介した。動物などをかたどったピースを崩れないように積み上げて行く「Beasts of Balance」というゲームで、たくさん積み上げるほどに、連携するタブレット端末のアプリ内に動物が現れたり進化したりするという内容だ。開発では、3Dグラフィックスソフト「3d studio」でデザインを行い、そこから3D CADである「Fusion 360」に移行して、実際のピースのプロトタイピングを行ったという。2016年2月にKickstarterでクラウドファンディングを開始しており、2016年末に商品化される予定だ。

Sensible Objectが開発した「Beasts of Balance」
(出典:オートデスク)

フォードはVR技術で自動車開発プロセスを革新する

さらにブラム氏は、Ford Motor(フォード)における3つのプロセスの融合に向けた取り組みを紹介した。フォードは、自動車の設計のために作成したCADデータとVR(仮想現実)技術を組み合わせたAR(拡張現実)ラボ「FiVE(Ford’s immersive Vehicle Environment)」の実用化に取り組んでいる。

フォードの「FiVE」で用いているHMD
(出典:オートデスク)

装着者への見え方
(出典:オートデスク)

FiVEのメリットは、設計(Design)中の自動車が実車として完成する以前の段階から、その設計内容を製造(Make)やマーケティング(Use)にどのように反映できるかを実体験できることだ。単なるCADデータではなく、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着して、4K映像による車両デザインを外観から内装まで、立体視によって確認できる。また、世界各地の拠点を結ぶことによって、最適なローカライズなどのグローバル協業も図れるという。

「FiVE」を使えば、カーエアコンから流れる空気流のCAEの結果なども見られる(出典:オートデスク)

Autodesk University Japan 2016の展示会場でも、製造業向けと建設業向けに2種類のVR体験コーナーを用意。製造業向けでは、フォードのFiVEに採用されたのと同じデザイン支援ソフトウェア「VRED」を、建設業向けは「STINGRAY」を用いていた。

「Autodesk University Japan 2016」展示会場のVR体験コーナー

この他、航空機の凍結防止業務を請け負うPremier Deicersにおける、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)を活用した事例も取り上げた。2008年、米国で起こった大寒波により、シカゴのオヘア空港では450便ものフライトがキャンセルする事態に陥った。

凍結防止剤の不足によってこの事態に対応できなかったPremier Deicersは、凍結防止剤のタンクをはじめ、凍結防止業務に関わるさまざまな部品にセンサーを埋め込み、それらのセンサー情報により、凍結防止業務の状況を把握するシステムを作り上げた。センサー情報を集約し、見える化する管理ツールには「Fusion Connect」が採用されている。

Premier DeicersがIoTシステムで収集しているセンサー情報(出典:オートデスク)

ジェネレーティブデザインと3Dプリンティング

オートデスクは、アルゴリズムを利用して形状設計を行うジェネレーティブデザインの普及にも注力している。ブラム氏がその事例として紹介したのが、Airbus(エアバス)とUnder Armour(アンダーアーマー)だ。

エアバスは、ジェネレーティブデザインと3Dプリンティングによって、従来比で45%軽量化した「バイオニックパーテーション」を開発した。このバイオニックパーテーションを採用した航空機が、2017年中にも日本に就航する可能性があるという。

アンダーアーマーは、創業20周年を記念して限定発売したトレーニングフットウェア「UA Architech」に、ジェネレーティブデザインと3Dプリンティングを適用した。安定したクッション性を持つソールをジェネレーティブデザインでの設計し、ソールの製造は3Dプリンティングで行った。限定販売とはいえ、一般消費者向けの製品に3Dプリンティングで製造した部品をそのまま用いるのは、かなり珍しい事例になるだろう。

エアバスは、ジェネレーティブデザインと3Dプリンティングによってパーテーションの内部構造の軽量化を図った
(出典:オートデスク)

アンダーアーマーのトレーニングフットウェア「UA Architech」。赤いソールの部分は、ジェネレーティブデザインで設計し3Dプリンティングで製造した
(出典:オートデスク)

ジェネレーティブデザインでは、究極の自動車シャシーを開発するプロジェクト「HACK ROD」についても紹介した。HACK RODでは、ベースシャシーに多数のセンサーを取り付けた車両を世界クラスのドライバーが運転し、そのセンサー情報を収集。このセンサー情報と人工知能によるジェネレーティブデザインで究極のシャシーを設計しようというものだ。

「HACK ROD」でベースシャシーにセンサーを組み付ける様子(出典:オートデスク)

これらのさまざまな事例は、「Design」「Make」「Use」が融合する時代において、設計者の役割も変革を迎えることを示唆しているのかもしれない。

※ 本記事は、製造業技術者向けポータルサイト「MONOist」から転載しています。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP