• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

第2回 まだまだ拡張されるコマンド群

最新版であるAutoCAD 2012/LT 2012ではグループコマンドが拡張され、機能もアップしています。
また、他にも「配列複写の拡張」「LTにシートセットマネージャが搭載」「データインの強化」などバージョンアップされています。

バージョンアップされた機能

グループ『Group』コマンドの有効活用

AutoCADには複数図形をまとめるのにブロックコマンドとグループコマンドがあります。大半のユーザーは使い慣れているブロックコマンドを使用していますが、「いちいちブロックで登録するのが面倒」、「同じ名前をつけて更新してしまい、図形が置き換わってしまった」などの問題も経験されているのではないでしょうか。
2グループコマンドは以前からあるコマンドですが、2012ではリボンメニューにも組み込まれ機能アップもされています。ブロックコマンドとうまく使い分けることで設計、編集の効率化が行えます。

配列複写の拡張

2012より配列複写コマンドの機能が拡張されました。配列複写の入力形式も、ダイヤログによる入力方式から、リボンメニューによるパラメトリック形式へと変更され、同一画面内での設定が可能となりました。また矩形、円形配列以外に、新たに曲線などのバスに沿って配列複写が行える『パス配列』が加わり、複写の操作幅が拡がります。

LTにシートセットマネージャが搭載

AutoCADで最も効率化に有効とされた機能である『シートセットマネージャー』がLT2012より搭載されました。これによりLTユーザーでも『AutoCADのCAD標準化』が行えます。

データインの強化

2012よりAutoCADの3次元機能強化に伴い、データインも強化されました。従来のDXF、DWGだけでなくIGES、CATIA、NX、Solidworks、Rhinocerosなどの3次元CADデータを読み込めるようになりました。
3次元設計へのステップアップにも効果発揮できるか!?

詳細資料

バージョンアップ・新規導入に関する概算費用、新バージョンカタログをご用意しております。
ご希望されるお客様は、下記よりお気軽にご請求ください。

資料請求

資料のサンプル

お知らせ

実機で更に詳しく学べます!AutoCAD/LT 2012スクールのお知らせ

基本的な作図・編集方法習得するコース、各種設定、効率的に図面を作成するための活用方法、製造・土木・建築といった各分野の図面作成を通してテクニックを習得する作図演習、3Dコースなど、多種多様なトレーニングをご用意しています。

AutoCADスクール

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP