• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

第3回 3Dモデリング設計が変わる

AutoCADでの3D機能は過去R12Jから搭載されてましたが、当時は建設業、製造業でもほとんど3次元を設計に取り入れる事はされていない状態でした。しかし近年は皆さんも仕事上何らかの形で3Dに関わってる方が多いと思います。

AutoCADも本格的な3Dモデル機能を搭載したのは、2007バージョンからでした。その後バージョンアップを重ね、様々な機能が追加され現在2012まできました。その中でAutoCADの3Dモデルが3種類のタイプができました。

AutoCADでの3Dモデルは3種類

AutoCADでもつ3種類の3Dモデルを紹介致します。
2Dだけでなく3Dの作成、編集機能も強化されております。更に各業種向けツールであるRevit、Inventor、CIVIL3Dも用意されています。

3Dソリッド

いわゆる中身の詰まったモデルです。例えるなら「豆腐」のようなもので、どこか断面を切れば中身の形状まで見え、体積、重量などが計測できるモデルです。

メッシュ

2010より追加されたモデル形状で、頂点、エッジ、面で構成されるモデル。例えれば粘土細工のようなもので、塊を頂点、エッジ、面を移動させることで形状を変更します。

サーフェス

AutoCADで昔から搭載いる3Dモデル形状のサーフェスです。
例えると紙のようなものを張り合わせた中身が空洞の形状です。2011で大きく改良され、AutoCADでもかなりの曲面を作成できるようになりました。

皆さんも、この機会に3D設計にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

詳細資料

バージョンアップ・新規導入に関する概算費用、新バージョンカタログをご用意しております。
ご希望されるお客様は、下記よりお気軽にご請求ください。

資料請求

資料のサンプル

お知らせ

実機で更に詳しく学べます!AutoCAD/LT 2012スクールのお知らせ

基本的な作図・編集方法習得するコース、各種設定、効率的に図面を作成するための活用方法、製造・土木・建築といった各分野の図面作成を通してテクニックを習得する作図演習、3Dコースなど、多種多様なトレーニングをご用意しています。

AutoCADスクール

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP