• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

第4回 Inventor Fusionとは?

3Dモデリングの強力なツールを搭載

第3回でAutoCADの3Dが変わったことをご紹介しましたが、もう1つ今回AutoCAD2012より3D関係で追加された機能があります。

それが「Inventor Fusion」です。昨年まではテクノロジープレビュー版としてWeb配信されてましたが2012よりツールとして実装されました。

Inventor Fusionの特徴

このInventor Fusionは、ノンヒストリー形式と呼ばれるモデルの作成履歴や3DCAD特有の拘束条件を持たないという特徴があります。またAutoCADと同じGUIですのでそれほど違和感無く、直感的な操作が出来ます。

Autodesk Inventorとの連携機能

このInventor Fusionの大きな特徴は、「Autodesk Inventor」との連携機能です。Inventor Fusionで作成したモデルをAutodesk Inventorで取り込むことはもちろん、Autodesk Inventorのモデルを取り込みノンヒストリー形式で編集でき、Autodesk Inventorで編集されたモデルを読み込むと、ツールを使って半自動でヒストリー形式に戻すことができるのです。

Inventor Fusion同様にヒストリー、ノンヒストリー相互切り替えが出来るCADとしては、PTC社の「Creo」も注目されています。このような従来のシステムでは実現できなかった最先端技術に対しても、Autodeskは開発に力を入れ取り組んでます。今後の機能強化によって様々な実用性が期待できるツールです。

詳細資料

バージョンアップ・新規導入に関する概算費用、新バージョンカタログをご用意しております。
ご希望されるお客様は、下記よりお気軽にご請求ください。

資料請求

資料のサンプル

お知らせ

実機で更に詳しく学べます!AutoCAD/LT 2012スクールのお知らせ

基本的な作図・編集方法習得するコース、各種設定、効率的に図面を作成するための活用方法、製造・土木・建築といった各分野の図面作成を通してテクニックを習得する作図演習、3Dコースなど、多種多様なトレーニングをご用意しています。

AutoCADスクール

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP