• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ハード・周辺機器

Autodesk Inventorの操作に適したワークステーションは?
Autodesk Inventor 2016の操作には、どのワークステーションを選べばよいのかを実際に検証テストを行いました。「Autodesk Inventorには何のグラフィックボードが必要?」「Inventorが満足に動くワークステーションを探...
工業製品分野における加飾手法の進化
消費者の感性に即した商品を作るために、器物の表面にさまざまな工芸技法を用いて装飾を加える「加飾」の重要性が高まっています。加飾を施すには、工数削減、コスト削減にメリットがある、インクジェット印刷をお勧めします。
世界初のミニワークステーションHP Z2 Miniで3D CADを試した
2017年第1四半期に発売された、HP史上最も小さいワークステーション「HP Z2 Mini」。そんな小さな筐体で3D CADはどのくらい動くのか、ほかのモデルと比べて動作スピードは?など、気になる点を実際にテストしました。
製造業や建築業向けのプロフェッショナルVR、NVIDIAイベントで各社がデモ
VR(仮想現実)を製造業や建築業向けに応用するプロフェッショナルVRのイベント「NVIDIA Pro VR Day 2017」の展示コーナーでは、各社がVR体験デモンストレーションを実施した。
動作比較レポート HPワークステーション ZBook 15シリーズ
2016年11月15日より国内販売開始されたSOLIDWORKS 2017を使って、HPモバイルワークステーション(ZBook 15)3機種のパフォーマンステストを行いました。処理速度が最も優れているZBookは一体どれ?
NECのVR体験キットは梱包作業がリズムゲームに、2週間で5万円から
NECは、法人向けのVR(仮想現実)技術の活用ソリューションを体系化した「法人VRソリューション」と、評価パッケージ「VRお試しパック」の提供を始める。VRお試しパックは、機材レンタルの費用が2週間で5万円から。梱包ライン作業の技能伝承や危険作業体験...
手軽に3Dモデリングができるペンタブレットを発表
ワコムは、低価格で手軽に3Dモデリングができる「Intuos 3D」を発表した。ミディアムサイズのペンタブレットとスカルプティングソフトウェア「ZBrushCore」により、自然なペン操作で粘土をこねるように作業可能になります。
3Dプリンタブームは終えんも、製造業の活用は着実に拡大へ
IDC Japanは、国内3Dプリンティング市場の2013~2015年の実績と2020年までの予測を発表した。一般消費者向けのデスクトップ3Dプリンタ市場は、ブームの終えんによって縮小したものの、企業ユーザー向けのプロフェッショナル3Dプリンタ市場と...
Surface Bookレビュー「仕事でどこまで使えるの?」
Surface Bookを初めて見たとき、「本当にこの軽さで、3DCADの動作に耐えられるの?」という印象を持ちました。Surface Bookは仕事でどこまで使えるのか? 大塚商会建築エンジニアの飯田千恵がレビューをお届けします。
建築エンジニアによるマイクロソフト「Surface Book」レビュー!
「外出先で3次元CADを利用したい!」マイクロソフトのSurface Bookならその思いを実現できます。GPU搭載でしかも重さが1.5kg(キログラム)!Surface Bookの魅力を大塚商会建築エンジニアの飯田千恵がお届けします。
大河原デザインのトミカ、3Dプリンタ試作と本格量産の溝を埋める
ストラタシス・ジャパンは2016年6月22~24日、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」において、全日本製造業活性化計画(JMRP)とメカニックデザイナーの大河原邦男氏、タカラトミーなどと連携して開発したトミカ「イグザインBAR...
10倍速い-米HPが新しい業務用3Dプリンティングシステムを発表
米HPは2016年5月17日、業務用3Dプリンティングシステム「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」を発表した。高品質なモデルが高速かつ低コストで造形できるという。オープンプラットフォームの採用により、多様な素材やソフトウェ...
【レポート】ペンタブレットを使ってCADを操作してみました
CADとペンタブレットを組み合わせると、直感的に素早く3Dモデルが作成できます! 柔軟なフリーハンド入力だけでなく、アプリケーションに合わせたカスタマイズ設定などの作業スピードアップに役立つ機能を多数搭載。CADの操作感をレポートでお伝えします。
動作比較レポート HPワークステーション Z240シリーズ
SOLIDWORKS 2016を使って、HPワークステーションのパフォーマンステストを行いました。計測内容は合計20項目、一連の作業で一番速く動作したマシンはどの機種なのでしょうか? 導入をご検討中の方、PCのパフォーマンスに不満がある方は必見です。
期待しないでください「3Dスキャナーは万能の入力装置ではありません」
3Dスキャナーは万能の入力装置ではありません。3Dスキャナーの性能以上に操作するユーザーの工夫と技能(スキャニングノウハウ)が重要になります。また、スキャニング後のモデリング技術が良い3Dデータの作成には必須となります。
3Dスキャナー基本のキ!3Dスキャナーの種類を知ろう
3Dプリンターの目覚ましい普及によって、3Dモデリングの需要の底辺が拡大しています。それに呼応して、インプットサイドでの3Dスキャナーへの関心も高まっています。今回は3Dスキャナーの基本である種類についてご紹介します。
一歩先行く!3Dスキャナーによるリバースエンジニアリングの活用法
リバースエンジニアリングとは、実物から3Dデータや図面を作成し、デジタル化する手法です。リバースエンジニアリングを実現するツールとして、3Dスキャナーにフォーカスをあてて、「3Dスキャナーによるリバースエンジニアリングの活用法」をご紹介します。
新開発「タフヘッド」搭載でエンプラ対応した大型3Dプリンタ
武藤工業は、エンジニアリングプラスチックに対応した熱溶解積層方式の大型3Dプリンタ「Value 3D Resinoid MR-5000」の販売開始を発表した。
貴社のオフライン端末は本当に安全ですか?
オフライン端末においてもウイルスの感染が多数報告されています。リトマスUSBは端末に差し込むだけでスキャン機能によるウイルスの検知、ウイルスファイルの削除を行うことができます。
動作比較レポート モバイルワークステーション対タブレット
モバイルワークステーションとタブレットでは、どちらが速く動作するのか?Autodesk Revit 2015を使って動作比較を行い、それぞれのマシンがどのような用途に向いているか検証しました。使用マシンはLenovo ThinkPad W550s、H...
モバイルワークステーション動作比較 Lenovo対HP編
モバイルワークステーションを製造・販売する2大メーカー、LenovoとHPの動作比較を行いました。薄型軽量ウルトラブック型モバイルワークステーションLenovo Thinkpad W550sとHP ZBook15 G2の2タイプ(SSD搭載/SSD非...
CADの利用に役立つアプリ情報を集めました
タブレットを導入したら、どんなアプリを入れようか楽しみが増えますね。このトピックスでは、CADメーカーからリリースされているCADアプリ情報を集めました。ご利用中のソフトやタブレットのOSを考慮しながら、インストールの参考にしてください。
防水は当たり前、頑丈なタブレットをガンガン使おう
通信やカメラ、センサーなどの機能と自由に選べるアプリが使えるタブレットは、建設業・製造業においても導入が進んでいます。タブレットのスペック、耐久時間、重さ、価格のほかに「丈夫さ」も選ぶ基準に入れておくことをお勧めします。
建設業、製造業におけるタブレット活用術をのぞき見!
2015年は、タブレット端末の出荷台数はノートPCの出荷台数を逆転すると予想されています。CADを利用する建設業、製造業において、タブレットをどう使いこなせばよいのでしょうか?実際にタブレットを導入した方にお話を伺いました。
CAD on VDIを最大限に活用するための仮想化GPUガイド
CAD on VDIは仮想対応GPU(Graphics Processing Unit)を利用できる点がほかの方式と大きく異なるからです。実はこのGPU、3DCADやハイエンドCADの操作するときのグラフィック処理に大きく関係があるのです。
目指せ設計効率化!4KディスプレイでCAD操作が楽に
国内ディスプレイ市場は解像度がフルHDの縦横2倍となる4Kモデルが台頭してきました。この4Kディスプレイを実際にCADで使ってみると、ウィンドウの切り替えやスクロール回数の軽減、マルチタスクを快適に実行できるなど設計業務が楽になります。
打ち合わせに大活躍!お手軽なCADリモート接続方法とは?
外出先でCADデータを見ながら打ち合わせをすることがあると思います。そんなとき、CADユーザーにお勧めなのは「どこでもコネクト」とHPが開発した独自の圧縮技術でリモート・デスクトップが利用可能になる「HP Remote Graphics Softwa...
ワークステーションパフォーマンステスト 大規模アセンブリ編
2015年2月現在、最新バージョンであるSOLIDWORKS 2015を使って、ワークステーションパフォーマンス検証を行いました。今回は3次元設計にかかせないアセンブリを開くのに、どのくらい時間差が発生するのかHP Z230 Workstation ...
答えます!シンクライアントFAQ
シンクライアントを構築する際、まずはどの方式(SBC、仮想PC、Blade Workstation)を採用するかがカギとなります。そのためにシンクライアントFAQをご用意しました。
CADで利用可能な三つのシンクライアント実行方式を知ろう
CADでシンクライアントを導入する場合、まずは目的を決めることが重要になります。何をしたいかによって実行方式やサーバー、運用方法が決まってくるからです。目的別にどの実行方式(サーバーベースコンピューティング(SBC)、仮想PC(VDI)、ブレードワー...
ワークステーションパフォーマンステスト SOLIDWORKS 2015編
2015年1月現在、最新バージョンであるSOLIDWORKS 2015を使って、ワークステーションパフォーマンス検証を行いました。ワークステーションにご興味をお持ちの方や現在、お使いのパソコンの動作にお悩みの方は必見です。
サーバー、マシン・・・CAD設計環境を見直してみませんか?
設計環境・業務効率化を実現するために、一度環境を見直してみませんか?サーバー、マシン、セキュリティと目的別に情報を集めました。
リモートサービスと遠隔操作ソフトのダブル使いで差をつけろ
リモートアクセスサービスの中でも安全・手軽さで選ぶなら「どこでもコネクトリモート」がお勧めです。また、HPワークステーションをご利用の方は遠隔操作ソフト「HP Remote Graphics Software」の使用で、出張先や外出先からでもCADを...
CADの遠隔操作に最適なリモートアクセスタイプとは?
リモートアクセスと一言でいっても市場に数多くの製品があり、どの製品を選定すればよいのかお困りのお客様が多くいらっしゃるかと思います。これからご紹介する製品やサービスのメリット・デメリットをふまえた上で、CADに最適なタイプをお選びください。
こんなに違うの!?グラフィックスカードで仕事革命
まずは1本の動画をご覧いただきたい!CIMソフトAutodesk InfraWorksを動かしていているAさんとBさん。明らかに操作スピードに違いがあります。その原因はグラフィックスカードにありました。
ワークステーションパフォーマンステスト SOLIDWORKS 2014編
日本HPが開発した世界初!軽量コンパクトな14インチ Ultrabookワークステーション「HP ZBook 14 Mobile Workstation」と従来製品の「HP EliteBook 8470w」のパフォーマンステストをSOLIDWORKS...
CIM・GISに最適なマシンはHP ワークステーションで決まり!
国土交通省がこれまでにない早さで推進を図っているCIMでは、今後3次元大規模データを扱うことが予想されます。そこで、お勧めしたいのがHP ワークステーションです。静音設計やマシンの負荷を気にせず作業できるなど、設計者にうれしい機能が詰まっています。
Windows Server 2012 へのアップグレードがお勧め!
Windows Server 2003 のサポート終了から予想されるセキュリティリスク対策には、最新ハードウェアの入れ替えとともに Windows 2012 / Windows Server 2012 R2 へのアップグレードをお勧めします。セキュリ...
仮想化?クラウド?自社に適したサーバー環境に入れ替えよう
サーバー環境移行は自社内設置や仮想化構築、クラウドの利用など選択肢が増えています。大塚商会ではサーバーに関わるさまざまなソリューションをご用意し、機器の調達・設置設定からアフターサポートまで、貴社に適した環境をご提供します。
至急、使用しているサーバーの環境を再確認しよう
Windows Serverのバージョンアップを検討するにあたり、現在使用している対象のサーバー環境を再確認する必要があります。サーバー本体のハードウェアやアプリケーションソフトウェアなどのサポート期限も合わせて確認することをお勧めします。
ダッソー・システムズ CATIAセミナーで活躍するThinkPad
今回はThinkPad W540とその2世代前のThinkPad W520の使用感をダッソー・システムズの池野上一郎氏に伺いました。「ThinkPad W520は2年間セミナーやイベントで使い続けても全くトラブルなし」とのお声をいただきました。
レノボ大和研究所開発チームが語るThinkPad W540のこだわり
レノボ・ジャパンから登場したモバイルワークステーションThinkPad W540は新たに3K解像度(2880×1620ドット)の液晶を選択できるようになったほか、プロセッサの世代が新しくなり処理能力も向上しています。大和研究所のエンジニアに開発秘話や...
3Dプリンタ導入状況を独自リサーチ!
2013年に実施したCAD Japanアンケートより、導入状況や予算、利用目的など他社の気になる3Dプリンタの状況を大公開!結果をチェックしていただき、今後の導入の参考にお役立てください。
設計用マシンは入れ替える?使い続ける?ホンネを大公開
2014年4月にいよいよ Windows XP のサポートが終了します。既に Windows 7 へ移行されたユーザーもいる一方で、今後も使い続けるユーザーも中にはいるかと思います。そこで今回はマシン入れ替えのキッカケやあと何年使い続けるかなど、他社...
最新レポート CIMソフト動作検証 ~Z230・Z420編~
大規模データを処理するCIM。そこで、ワークステーションの最新モデルZ230とZ420でパフォーマンステストを行いました。CIMに関連するソフトはすべて2014を用いて起動や処理能力の比較。専門スタッフにより総評コメントも付け加えました。
設計効率化のニューフェース「3Dマウス」
これまではPC性能やアプリケーションでの作業効率化が行われてきましたが、マウス操作までは及びませんでした。3次元CGのビュー操作をしやすくするために考察された入力デバイス「3Dマウス」にできるワケを追求しました。
CIM大容量データを快適に動かすPCはどれ!?
国土交通省がこれまでにない早さで推進を図っているCIMでは、今後3次元大規模データを扱うことが予想されます。今回は性能の異なるPC2台を用いて、CIM関連ソフトの動作検証を行いました。ソフトはすべて2014バージョンを使用したため、最新の検証データで...
みんなのアンケート広場がスタート!
CAD、CAM、CAEをお使いのユーザ意識に迫った「みんなのアンケート広場」がスタートしました。「設計マシンは何を使っているの?」「注目の3Dプリンタ、みんなは実際どう思っているの?」など、気になる話題へのご意見をお聞かせください。
HP建設劇場 新しいIT投資術で出張スタイルが変わる!
本社にあるワークステーションにインストールしたBIMソフトを出張先からリモート操作。さらにクラウドサービスと連携した大判プリンタで本社と出張先の社員が同じ図面を見ながら打ち合わせする。日本HPの技術を使えばこんなユニークな出張ができます。
3Dプリンターのウソ・ホント大公開!
試作品完成までの時間短縮や、内製化を叶える3Dプリンターですが、正しい知識をご存じですか?「3Dプリンターのウソ・ホント大公開!」ではビジネスで使用する方に向けて、ウソ・ホントを追求します。
XP サポート終了直前!入れ替える前の検討ポイントを抑えよう
Windows XP のサポート終了を受け、PCの入れ替えやアプリケーションの延命処置などの対策を検討されている企業も多くいらっしゃるかと思います。検討される前に、まずは現在の利用環境を的確に把握することが重要になります。今回は実際に Windows...
攻めのIT投資で売上げ増を目指す!設計環境応援セット
攻めのIT投資で顧客満足の向上、新規顧客の開拓、製品の品質向上、製品の高付加価値化、製品投入(納入)までの時間短縮を実現し売上増を目指しましょう。それらを応援する設計環境向けのおすすめセットをご紹介します。
インフラ担当が教える設計環境リニューアルのポイント
最新ワークステーションを導入するならすぐに実行できる5つのポイントをおさえて、パフォーマンス向上と情報漏えい対策強化がおすすめです。安全な環境で仕事を便利に。運用コストも削減!
Windows XP ユーザ必読!サポート終了で迫る危機とは?
2014年4月9日に Windows XP のサポート期間が終了を迎えます。しかし、まだまだお使いの方は多いのではないでしょうか?引き続き利用することで起こりうるリスクをご理解いただき、早急に入れ替え計画を立てることを強くおすすめします。
「線画出力」の機能を強化したEPSON製大判プリンタとは?
出力は集中するので高速印刷が必須、電子納品が増えても線画品質や精度は重要!など現在の業務にお困りの方へ。CAD/GIS用途に必須の高精細、高精度の線画をA1約30秒で高速印刷するSC-Tシリーズをお勧めします。
ワークステーションとパソコンの違いとは?
CPU、メモリ、ハードディスクなどスペック面で共通点が多いワークステーションとパソコンですが、CADを利用する上で、ワークステーションを選択するメリットはどこにあるのでしょうか。
キヤノン&オセ統合企画 オセ・クライアント・ツールズとは?
2011年6月に日本オセはキヤノンMJグループに加入し、日本オセ単独では実現が困難であった、日本のニーズに合った製品の開発、全国をカバーする販売網と保守サービス体制の構築などをグループの協力を得て前進しております。今回は「Océ Client too...
SolidWorksの起動が5秒に!最新ワークステーション登場
HP Z220 Workstationはどの程度性能向上しているのか実際のアプリケーションを使ったベンチマークを通じて検証を行いました。前世代のZ210と同等価格でありながら、最新のCPU、クロックアップしたメモリや最新世代のグラフィックバスを搭載す...
インテル スマート・レスポンス・テクノロジー搭載ワークステーションパフォーマンステスト
SSDをI/Oキャッシュとして使用することで、複数SSD/大容量SSDを構成した場合に匹敵する性能を実現するインテル スマート・レスポンス・テクノロジー。この機能を搭載すると、実際どのくらいパフォーマンスが向上するのかテストを行いました。
CADに最適なパフォーマンスと信頼性、HP Z220 Workstation
HP Z220 Workstationは導入しやすい価格にもかかわらず、CADに最適なパフォーマンスを兼ね備えています。最新のインテル製マイクロアーキテクチャIvyBridgeを採用し、新たな機能も追加されCADの動作を快適にさらにパワーアップしまし...
Wの対策でオフライン端末をウイルス感染から守る!
増設・保守点検でUSBメモリからウイルス感染する事例が数多くあがってます。ウイルスを「チェックする対策」と「持ち込まない対策」で重要なデータを守りましょう。
ワークステーションパフォーマンステストBIM編~パソコンとの比較~
Autodesk Revit ArchitectureとHPワークステーションで何%スピード向上するか検証しました。
カタログ比較では見えないOcé ColorWave 300の魅力
カタログ比較では気がつかない「図面出力にかかわるオセ社のこだわり」の一部をご紹介しましょう。
節電、静粛性、即時印刷を実現!独自技術で際立ったオセ広幅複合機
いま時代が強く求めている「節電」、「静粛性」、「即時印刷」を考えるなら、待たせない広幅複合機「Océ PlotWave 300」をご検討ください。
ワークステーションパフォーマンステスト~SSDとHDDの比較~
SolidWorksを使いワークステーションのSSDとHDDのパフォーマンス差はどれほど違うのか実際に検証を実施しました。
大判プリンタにプラス10万円で実現できるワークフロー改善とコスト削減
大判プリンタにコピー機能を追加をしたいけれど、コストや設置スペースのが問題・・・とためらってる方に!HPからリリースされたスキャナ一体型HP Designjet T2300 eMFPシリーズをお勧めします。
ワークステーションパフォーマンステスト新旧モデル比較
飛躍的な性能アップやバージョンアップにより、ワークステーションを新型に入れ替えることでパフォーマンス向上が期待できます。実際どのくらい向上しているのか、新旧モデルを比較しました。
ワークステーションパフォーマンステスト~Win7 32bitと64bitの比較~
「同じ仕様のワークステーションで32bitOSから64bitOSのWindowsに変えることにより処理速度が向上しますか?」という質問がよくあります。その疑問にお答えするためHP Z210ワークステーションとSolidWorks2011を使ったパフォ...
プライベートクラウドを実現
「使いたい分を使いたいだけ安全に」をコンセプトに提供するのが「クラウドサーバサービス」です。お客さまサイトをセキュアな閉域網で結び、信頼性の高いプライベートクラウドを構築します。
安心・安全そして節電。だから「レンタルサーバサービス」
データセンターで管理しているサーバをレンタルしていただくサービスです。データセンターだから停電でも業務継続が可能です。
サーバのデータを遠隔地にバックアップ!
サーバリモートバックアップサービスは、ディザスタリカバリを目的とし重要なサーバ内データを遠隔バックアップすることで、いざというとき、迅速にデータ復旧を可能とするサービスです。
先進のクラウド・プリンティング・ソリューション「HP ePrint & Share」
HP ePrint & Shareは先進のクラウド・プリンティング・ソリューションです。HP ePrint & Share対応HP Designjetプリンタと組み合わせてクラウド上のファイルを直接共有・プリントができます。
最新HPワークステーション&PCがあなたの設計環境を変える!
経済産業省は7月1日より大口需要家に対し原則15%の制限を求めました。CAD用マシンが買換え時期であれば、マシンを新製品にする事で消費電力削減とパフォーマンスアップの一挙両得な提案ができます。
CADデータを停電などの電源トラブルから守るにはUPSが必須!
東北大震災以降、電力不足による計画的な停電が実施されています。また、電力使用量の増加により急な停電の可能性も高まっています。停電対策を忘れ、時間を掛けて作成した大切なCADデータを破損してしまったらどうしますか?
LED照明で消費電力50%~90%節電
同じ明るさで50%~90%の消費電力節電が可能なLED照明。しかも長寿命で、コストの削減がはかれます。また、有害物質を含まないので環境にもやさしい次世代照明です。LEDで節電対策を始めましょう。
パソコンのデータが消えた!そうなる前に!!「PCリモートバックアップサービス」が解決
パソコンの操作中に『あっ!』誤ってファイルを消してしまった・・・。そんな経験ありませんか?PCリモートバックアップサービスは、大切なファイルを定期的にデータセンターへバックアップする事で大切なデータを守ります。
節電に貢献するキヤノンの大判プリンタ
夏期電力対策に向けて今お使いの機種と比べてください!15%の需要抑制目標の商品としてキヤノンの大判プリンターは電力削減に貢献します。
HP Mobile Workstationでできる停電と節電への取り組み
HP MobileWorkStationは電気供給が制限されてしまう停電の中でもノートPCとしての利便性や高いバッテリー性能、各種機能により無停電時と同レベルでの業務を可能にします。
おまかせください!HP Workstationのサポート
3DCADに最適なHP Workstation大塚商会キャンペーンモデルには、「いつ起こるかわからないトラブル」のために3年安心保障を提供しています。「まさか・・・」の突然のトラブル時、たよれーるコールセンターやベテランエンジニアによる適切な手配・サ...
CAE解析計算の処理速度比較 ワークステーションパフォーマンス検証
膨大な時間を費やすことになるCAE解析の計算時間に、お困りではありませんか。計算時間を短縮するためには、高パフォーマンスを発揮するハイエンドワークステーションが必須だが、実際どのくらい時間が短縮できるのか一般的なCADソフトが快適に動作するワークステ...
3次元CADにおけるワークステーション利用のメリット
SolidWorksは、PCよりもワークステーションにて最大のパフォーマンスを発揮します。
Core i5搭載ワークステーション SolidWorks2010パフォーマンステスト
2010年春より、大塚商会オリジナルキャンペーンモデルワークステーションとして、HPの新筐体である Z200ワークステーションにこれも新型のインテルCPU Core i5を搭載したモデルを発売しています。その新モデルの実力はどのくらいなのか、Soli...
SolidWorks2010 Windows7搭載ワークステーションパフォーマンステスト
SolidWorks2010から新OSのWindows7対応となりました。早速、SolidWorksがWindows7搭載ワークステーションでどのくらいのパフォーマンスが期待できるのかWindowsXPと比較しながらテストを行いました。
色と形だけで、あなたのイマジネーションは表現できますか?
ローランドのUVプリンターLEC-330は、本物のレザーのようなサーフェスの凹凸や、ざらつき感から、狙った部分だけのツヤ、シズル感までも再現する新しい出力デバイスです。このプリンターで、あなたの試作環境がどう変わるか、imagineしてみませんか?
SolidWorks2009 ワークステーションパフォーマンステスト
SolidWorks2008より対応しているVertex Buffer Object(以下、VBOとする)を設定し、3台のワークステーションと代表的な2種類のグラフィックスボードを組み合わせて、 SolidWorks2009のパフォーマンスを計測しま...
ワークステーションパフォーマンステスト Vista 64bit編
Vista 64bit版を搭載したワークステーションのパフォーマンスをテストした結果です。 今回の検証は、Vista 64bit版×SolidWorks2009、XP 64bit版×SolidWorks2008、Vista 64bit版×SolidW...
デスクトップの拡張で効率向上を!
物理的にデスクトップを拡張し作業領域を広くすることで複数のウィンドウを同時に表示させ作業負担の軽減を促進できます。 またSolidWorks2009ではデスクトップ拡張を支援する機能が新たに追加されました。
ワークステーションパフォーマンステスト Core2 Duo 3.33GHz編
Core2Duo3.33GHzを搭載した大塚商会×HPオリジナルモデルの実力をご確認ください。今回もSolidWorksでパフォーマンステストを行っています。
SolidWorks2009 vs 2008 ワークステーションパフォーマンステスト
SolidWorksの最新バージョン2009。旧バージョン2008と各コマンドの実行スピードとメモリ使用量の比較を大塚商会が独自に検証しました。 さらに強力になったSolidWorks2009の実力をデータでお確かめください。
ワークステーション パフォーマンステスト SolidWorks2008編
大塚商会が独自に検証したワークステーションのパフォーマンステストの結果です。SolidWorks OfficePremium2008を使い、7台のワークステーション、1台のモバイルワークステーションでそれぞれテストを行いました。
サーバラックの基礎知識
サーバ周りは整理整頓されていますか? 効率の良いサーバ運用の第一歩は、サーバ周りの整理整頓です。サーバの設置や、散在したネットワークケーブル・・・ こんな状態では、いざというときのサーバメンテナンスもはかどりません。
電源トラブル時でもデータ損失などを防ぐUPSの基礎知識
コンピュータの動作中にいきなり電源が断たれると、作成中のデータが消失したり、OSが破壊されたりと、さまざまなトラブルに見舞われることになります。UPSとは、このような予測不可能な電源トラブル時に、停電補償時間の間、高品質電源を安定供給することで、デー...
日本オセ、オールインワンのカラー広幅複合機Océ ColorWave 300の販売を開始
日本オセ、オールインワンのカラー広幅複合機Océ ColorWave 300の販売を開始。 同時に、モノクロ広幅複合機、プリントマネジメントソフトウェアの新製品も投入。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP