• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

インテル スマート・レスポンス・テクノロジー搭載ワークステーションパフォーマンステスト

SSDをI/Oキャッシュとして運用することでどのくらいパフォーマンス向上するのか?

SSDをI/Oキャッシュとして使用することで、複数SSD/大容量SSDを構成した場合に匹敵する性能を実現するインテル スマート・レスポンス・テクノロジー。この機能を搭載すると、ストレージにSSDを利用する場合と比較して大容量かつ低コストで起動やアプリケーションを高速化することができます。実際どのくらいパフォーマンスが向上するのかテストを行いました。その結果をレポートします。

インテル スマート・レスポンス・テクノロジ

テストに使用したワークステーションとソフトウェア

今回の検証では、HP最新ワークステーションZ220を使用して検証を行いました。また、比較対象として、以前検証したZ210(HDD搭載)とZ210SFF(SSD搭載)のデータを使いました。

モデル Z220 Z210 Z210SFF
CPU Xeon E3-1290v2
3.70GHz 4.10GHz
Xeon E3-1270 3.40GHz
3.40GHz
Xeon E3-1225 3.10GHz
3.10GHz
消費電力 400W(80PLUS GOLD対応 電源90%変換効率)
OS Windows 7 Professional SP1 64bit
ストレージ HDD(SATA)+SSD(ディスクキャッシュ) HDD(SATA) SSD(SATA)
キャッシュ L1(256KB) L2(1024MB) L3(8192KB)
メモリ 16GB
最大仮想メモリ 49152MB
グラフィックス NVIDIA Quadro 2000
グラフィックス
ドライバver
8.17.12.7628 8.17.12.6710 8.17.12.7071
使用ソフトウェア SolidWorks Premium 2012 SP4 SolidWorks Premium 2011 SP4 SolidWorks Premium 2011 SP1

テストに使用したモデルデータと計測方法

構成部品の合計数 1042
部品 872
ユニークな部品 55
サブアセンブリ 170
ユニークなサブアセンブリ 15

モデルデータ イメージ

計測方法

  • 各計測作業前には必ずPCをシャットダウンし、再起動する。
  • LANケーブルは接続しない。
  • ウィルスソフト等他のアプリケーションが起動されていないことを確認する。

パフォーマンステスト結果

計測項目 Z210 HDD(SATA)Quadro2000 Z210 SFF SSD(SATA)Quadro600 Z220 HDD(SATA)+SSD Quadro2000
ソフトウェア起動(1回目) 00:47 00:10 00:10
ソフトウェア起動(2回目) 00:08 00:05 00:05
アセンブリファイルを開く 00:19 00:10 00:10
部品ファイルを選択 00:01 00:01 00:01
部品ファイルを開く 00:02 00:02 00:02
部品ファイルを編集 00:08 00:08 00:07
フィーチャ再構築 00:08 00:09 00:08
アセンブリファイル再構築 00:03 00:04 00:03
アセンブリファイル保存 00:05 00:05 00:06
干渉チェック 02:50 02:54 02:16
アセンブリファイル保存 00:02 00:04 00:02
標準3面図+アイソメ図作成 00:12 00:12 00:11
平面図削除 00:01 00:01 00:01
作図スケール変更 00:05 00:04 00:04
断面図作成 00:10 00:12 00:10
アセンブリファイル編集 00:02 00:02 00:02
図面ファイル更新 00:17 00:22 00:16
図面ファイル保存 00:06 00:07 00:05
アセンブリファイル保存 00:02 00:04 00:02
すべてのファイルを閉じる 00:02 00:02 00:02
ソフトウェア終了 00:01 00:01 00:01
合計 05:31 04:59 04:04

※(mm:ss)

バックグラウンドで何も実行しない場合の計測結果を棒グラフで表しました。
右図をご確認ください。

比較検証まとめ

Z220、210SFF、Z210の順番でパフォーマンスが優れています。Z220とZ210SFFを比較すると、Z220の方が約18%パフォーマンスに優れていました。その中でも特に干渉のパフォーマンスに優れている結果となりました。また、Z220とZ210を比較すると、Z220の方が約26%パフォーマンスに優れていました。

以上から、Z220は最新のインテル「Ivy Bridge」アーキテクチャを採用、CPUの性能はもちろん、システム全体がより進化しています。さらに、HDD(SATA)に小容量のSSDをキャッシュとして搭載したインテルスマート・レスポンス・テクノロジーにより、HDDのもつ大容量とSSDの速さが合わさって、起動やアプリケーションがさらに高速化されました。

今回のZ220の起動および全体的にパフォーマンスが格段と優れていたのはZ220の特徴が出ていることが考えられます。

詳細資料

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP