• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

最新レポート CIMソフト動作検証 ~Z230・Z420編~

新発売のワークステーションでCIM関連ソフトはどう動く?

大規模データを処理するCIM。ワークステーション最新モデルZ230とZ420において、CIM関連ソフトはどのようなパフォーマンスをするのか検証しました。CIM関連ソフトもすべて2014を用いて、専門スタッフによる総評コメントも付け加えました。土木関係の方は必見の最新レポートをお届けします。

※ CIMに関する情報は次の「CIM導入ナビ」よりご確認ください。

CIM導入ナビ

最新レポート CIMソフト動作検証 ~Z230・Z420編~ イメージ

検証マシン

  マシンA マシンB マシンC
製品 HP Z230SFF HP Z230 HP Z420
プロセッサ
(クロック周波数
/キャッシュ)
インテル Xeon E3-1225v3
(3.3GHz/8MB)
インテル Xeon E3-1270v3
(3.5GHz/8MB)
インテル Xeon E5-1620
(3.6GHz/10MB)
CPUコア数 クアッドコア クアッドコア クアッドコア
ハイパー
スレッティング
(HT)
OFF ON ON
メモリ 8GB 16GB 16GB
ディスク
キャッシング
64GB SSD
ディスクキャッシュ
64GB SSD
ディスクキャッシュ
なし
グラフィックス
コントローラ
NVIDIA Quadro K600
(1GB DDR3 SDRAM 搭載)
NVIDIA Quadro K2000
(2GB GDDR5 SDRAM 搭載)
NVIDIA Quadro K2000
(2GB GDDR5 SDRAM 搭載)
OS Windows 7 Professional Windows 7 Professional Windows 7 Professional

※ 太字は仕様が異なっている箇所(高性能)。

動画で検証結果を見よう

動画 製品 概要

AutoCAD Civil 3D 2014検証動画

動画再生(26秒)

AutoCAD Civil 3D 2014 土木・測量分野向けのAutoCADベースの3次元設計ソフト「AutoCAD Civil 3D 2014」で検証。
検証結果

Autodesk Revit Structure 2014検証動画

動画再生(43秒)

Autodesk Revit Structure 2014 構造設計専用の3次元CAD「Autodesk Revit Structure 2014」で検証。
検証結果

Autodesk InfraWorks 2014検証動画

動画再生(31秒)

Autodesk InfraWorks 2014 インフラストラクチャのためのコンセプトデザインソフト「Autodesk InfraWorks 2014」で検証。
検証結果

AutoCAD Civil 3D 2014を用いての検証結果

使用データ
  • DWGファイル:68MB
  • 16km×9kmの範囲に基盤地図情報10mメッシュからTINサーフェスを作成。
    TINサーフェスのポイント数:121万、三角形の数:243万
  • 延長18kmほどの線形上に、道路・法面のコリドーモデルを作成。
  マシンA マシンB マシンC 結果
起動 初回:1分6.7秒
2回目:9.1秒
初回:1分5.3秒
2回目:8.5秒
初回:1分13.4秒
2回目:10.9秒
マシンA、Bがやや速い
開く 6.2秒 5.3秒 6.7秒 マシンBがやや速い
サーフェススタイルの変更※1 8.1秒 3.5秒 11.9秒 マシンBがかなり速い
ビューイング1
※2
広域範囲のため多少遅い
ビューイング2
※3
広域範囲のため多少遅い
ビューイング3
※4
4.7秒 3.8秒 5.8秒 マシンBがやや速い
ビューイング4
※5
12.7秒 12.4秒 18.3秒 マシンA、Bが速い
コリドー再作成 23.0秒 21.0秒 29.2秒 マシンBが速い

※1 境界のみからTIN表示
※2 作図領域(平面図)でのズーム・画面移動
※3 オブジェクトビューアでの3D回転
※4 作図領域でのビュー変更:南西アイソメ
※5 作図領域での表示スタイルの変更:コンセプト

検証総評

起動
初回起動はマシンA、Bに比べマシンCが遅い。CPU性能やディスクキャッシュの有無が結果に影響していると考えられる。ただし、2回目以降の起動ではそれほど大きな差は出なかった。
各種処理
サーフェススタイルの変更(境界からTIN)や、コリドー再作成などの計算処理で違いが見られた。CPU、メモリ容量によるものと考えられる。
ビューイング
  • Civil3Dで利用したTINサーフェスの三角形の数は243万個。ビューイングの速度は決して早くはないが実務で利用できるレベルと感じられた。しかし、より広範囲のサーフェスではズームなどもかなり遅くなると思われる。
  • 3製品ともにグラフィックボード性能による違いはそれほど見られなかった。

Autodesk Revit Structure 2014を用いての検証結果

使用データ
  • RVTファイル:11MB
  • 橋脚1基(鉄筋約3000本を含む)を10基(鉄筋約3万本)配置したデータ
  • 鉄筋を実径(3D)表示して3D表示のパフォーマンスが必要な状態とした。
  マシンA マシンB マシンC 結果
起動 初回:28.8秒
2回目:5.1秒
初回:28.0秒
2回目:5.1秒
初回:35.7秒
2回目:6.6秒
マシンA、Bがやや速い
開く 18.5秒 18.2秒 25.9秒 マシンA、Bが速い
ビューイング1
※1
13.0秒 12.5秒 14.8秒 マシンA、Bがやや速い
ビューイング2
※2
13.2秒 12.8秒 14.9秒 マシンA、Bがやや速い
ビューイング3
※3
2.5秒 2.5秒 3.2秒 マシンA、Bがやや速い
レンダリング
※4
40.8秒 34.5秒 41.3秒 マシンBが速い
マシンB、Cは計算に8コア使用

※1 鉄筋を「実径表示:オン」で、ワイヤフレームからシェーディングに変更
※2 鉄筋を「実径表示:オン」、「アンチエイリアス:オン」で、ワイヤフレームからシェーディングに変更
※3 ViewCubeで、視点を90度回転
※4 「解像度:145×126mm、150dpi」、「品質:最高」でレンダリング

検証総評

起動
初回起動はマシンA、Bに比べマシンCが遅い。CPU性能やディスクキャッシュの有無が結果に影響していると考えられる。ただし、2回目以降の起動ではそれほど大きな差は出なかった。
各種処理
HTでの8コアすべてを利用する処理はRevitのレンダリング、Infraworksのラスタ表示処理のみ。その他のベンチマーク作業では1~4コアしか使用されない。HTの効果は限定的。
ビューイング
  • RevitではマシンA、Bがやや早かったが、3台とも大きな違いはなく操作上のストレスもない。
  • 3製品ともにグラフィックボード性能による違いはそれほど見られなかった。

Autodesk InfraWorks 2014を用いての検証結果

使用データ
  • 新規モデルを作成し16km×9kmの地形を、ラスターデータおよびベクトルデータで読み込み。
  • 地形イメージは、500MBのラスターデータを読み込み。
  • 基盤地図情報の建物データを、SHPファイルで読み込み。
  マシンA マシンB マシンC 結果
起動 初回:27.4秒
2回目:7.0秒
初回:26.2秒
2回目:6.5秒
初回:34.5秒
2回目:8.5秒
マシンA、Bがやや速い
地形読み込み1
※1
読込:○
再表示:14.5秒
読込:○
再表示:12.3秒
読込:○
再表示:14.5秒
再表示はマシンBがやや速い
地形読み込み2
※2
読込:
2分53.8秒
再表示:
3分13.2秒
読込:
1分52.1秒
再表示:
2分27.4秒
読込:
2分50.4秒
再表示:
3分27.8秒
マシンBが速い
マシンB、Cは計算に8コア使用
地形イメージ
読み込み※3
読込:○
再表示:22.2秒
読込:○
再表示:19.0秒
読込:○
再表示:23.5秒
マシンBが速い
建物読み込み
※4
 
ビューイング
※5
 
ストーリーボード
(アニメーション)
 

※1 ラスターデータのGeoTIFF(24MB)の地形を読み込みから設定後、閉じて再表示
※2 ベクトルデータのLandXML(200MB)の地形を読み込みから設定後、閉じて再表示
※3 衛星画像(500MB)を読み込みから設定後、閉じて再表示
※4 SHP(2MB)を読み込みから設定後、閉じて再表示
※5 ズーム・画面移動・3D回転

検証総評

起動
初回起動はマシンA、Bに比べマシンCが遅い。CPU性能やディスクキャッシュの有無が結果に影響していると考えられる。ただし、2回目以降の起動ではそれほど大きな差は出なかった。
各種処理
  • 大容量のベクトルデータの地形読み込みで違いが見られた(大容量の地形は、ラスターデータで読み込むことで対処できる)。
  • HTでの8コアすべてを利用する処理はRevitのレンダリング、Infraworksのラスタ表示処理のみ。その他のベンチマーク作業では1~4コアしか使用されない。HTの効果は限定的。
ビューイング
  • InfraWorksは一度データが作成されてしまえば、ビューイングはどのマシンでも軽快。
  • 3製品ともにグラフィックボード性能による違いはそれほど見られなかった。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP