• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ダッソー・システムズ CATIAセミナーで活躍するThinkPad

ThinkPad W520は2年間セミナーやイベントで使い続けても全くトラブルなし

今回はThinkPad W540とその2世代前のThinkPad W520をセミナーやイベントで使ってきたダッソー・システムズの池野上一郎氏にお話を伺いました。ダッソー・システムズは3次元CADやシミュレーションやエンジニアリングなどPLMソリューションの大手ベンダーです。その中でも中核となるアプリケーションが3次元CADソフト「CATIA」です。CATIAは自動車業界を始めとして、航空、産業機械、電気・電子、一般消費財などの幅広い業界で活用されています。また、強力なスケッチ機能やレンダリング機能を持ち、単なる3次元CADにとどまらずデジタルものづくりを強力に支援するソリューションです。

セミナーで主力機種として2年間使用

ダッソー・システムズでは、3次元CADの導入を検討している方に向けてハンズオンセミナーとふらっと気軽に立ち寄れるカフェ形式のセミナー「Designer's Cafe」を随時開催しています。

このようなセミナーで昨年末までの2年間主力機種として使われてきたのが、レノボ・ジャパンのThinkPad W520です。ハンズオンセミナーやDesigner's Cafeでは、CATIAのスケッチ機能「ナチュラルスケッチ」の体験用として、ThinkPad W520にワコム製液晶ペンタブレット「Cintiq」シリーズを接続していましたが、動作はとても安定してたそうです。

CintiqペンタブレットとThinkPad W520を接続

リプレイスしたThinkPad W540も高く評価

池野上一郎氏「22インチと24インチ、タッチ対応と非対応、すべて問題なく動作しました。ThinkPad W520は2年間使いましたが、全くトラブルはありませんでした。パフォーマンスも高く、体験者のコメントも好意的なものばかりでした。」

ThinkPad W520には、NVIDIAのQuadro 2000Mが搭載されているため、レンダリングにも十分な性能を実現しています。

池野上一郎氏「Designer's Cafeは本当のカフェをお借りして開催したこともありますので、カフェの狭いスペースでデスクトップPCを何台も並べてやるというのは不可能ですが、コンパクトで高性能なThinkPad W520は非常にありがたかったです。」

ダッソー・システムズでは、セミナー用マシンをThinkPad W520からThinkPad W540にリプレイスしました。池野上氏はThinkPad W540での進化点についても高く評価しています。

池野上一郎氏「基本性能が向上しているのでより快適な操作体験が得られますし、新たにテンキーが付いたのも嬉しいですね。3次元CADで設計を行う際には、数値入力も頻繁に行いますので。」

ダッソー・システムズ CATIA事業部営業技術部 テクニカル・スペシャリスト
池野上一郎氏

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP