• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

CADの遠隔操作に最適なリモートアクセスタイプとは?

リモートアクセスと一言でいっても市場に数多くの製品があり、どの製品を選定すればよいのかお困りのお客様が多くいらっしゃるかと思います。これからご紹介する製品やサービスのメリット・デメリットをふまえた上で、CADに最適なタイプをお選びください。

選定ポイント1.接続先

まず、一つ目のポイントは接続先です。社内のサーバーにアクセスしたいのか、社内のパソコンにアクセスをしたいのかは重要なポイントになります。社内でノートパソコンをご利用になり、そのまま外に持ち出されるお客様には「サーバーアクセス型」をお勧めします。

一方、社内にデスクトップパソコンなど固定されたパソコンがあり、台数も少ないお客様には「クライアントアクセス型」をお勧めします。

サーバーアクセス型

サーバーアクセス型は外出先から直接サーバーにアクセスし、「社内LAN延長接続タイプ」と「Webアプリ限定接続タイプ」の2種類の方式があります。

特長 利便性が高い。
全社での活用に適している。
課題 データをクライアント側にダウンロードできてしまうので、情報漏えい対策が必要。

クライアントアクセス型

特長 経営層やシステム管理者など、一部の利用者に限定する場合に適している。
課題 PCにアクセスするため、社内PCの電源を遠隔からONにする仕組みが必要。

選定ポイント2.接続タイプ

次に、接続タイプをご紹介します。リモートアクセスは大きく三つの接続タイプに分類できます。

社内LAN延長接続タイプ

構成イメージ
  • 社内LANと端末間に暗号化したトンネルを張る。
  • IPSecなどを利用してVPNで社内サーバーに接続。
  • 社内LAN端末と同等の環境が外出先端末に実現。
主な利用用途
  • 社外から会社のファイルをダウンロード。
  • 社外からの基幹システムやメールサーバーなどグループウェアを利用。
  • 社外からリモートデスクトップなどでPCリモート操作。
メリット
  • 社内システムの大半を利用できる。
  • 社内共有フォルダへのショートカットを使用できる。
  • ファイルのダウンロードが可能。また、変更修正もできる。
  • さまざまな機器やサービスがあるため、選択肢が豊富。
デメリット
  • 高速な通信回線が必要。
  • 情報漏えい対策が必要。

Webアプリ限定接続タイプ

構成イメージ
  • ブラウザー対応のPC、携帯、スマートフォンなどで接続できる。
  • 通信端末は社内システムの代理応答装置にアクセス。
  • SSL(暗号化)での接続により、Webアプリのみに接続。
主な利用用途
  • 携帯、スマートフォンなど携帯端末からメール、スケジュールなどを参照する場合(システム側で携帯端末の対応が必要)。
  • モバイルPCから社内のWebシステムに接続する場合。
メリット
  • 接続端末が豊富(携帯、スマートフォン、PCなど)。
  • リモートアクセス装置を外部委託、運用管理費削減ができる。
  • セキュリティレベルを考慮した環境を構築できる。
デメリット
  • クライアント/サーバーシステムは接続できない。
  • Webアプリにより接続の可否があるため、事前に検証する必要がある。

PC遠隔操作タイプ

構成イメージ
  • 外出先のPCから社内PCにアクセスし、画面やキーボード、マウス情報を転送。
主な利用用途
  • 基幹システムやメールサーバーなどグループウェアの利用。
  • シンクライアントとして利用。
  • サポートデスクの保守サポートとして。
メリット
  • 社内システムの大半を利用できる。
  • 社内PC経由で社内システムの大半を利用できる。
  • 低速な通信回線でも利用できる。
  • データを外出先のPCに落とさない設定ができる。
  • 異なるOS(iOSなど)でも利用できる。
デメリット
  • 社内PCの電源を入れておくか、ONにする仕組みを構築する必要がある。
  • 一人に対して、PC(端末)が2台必要。
  • 外出先から接続させるサーバーの制限が不可。

CADで使用するのにベストなタイプとは!?

前記より、CADの遠隔操作に向いているのは「サーバーアクセス型 社内LAN延長接続タイプ」といえます。PC遠隔操作タイプが向いているように思いますが、3次元CADのようなグラフィックを扱う操作には画面転送に非常に負荷がかかり、転送遅延が起こることが多いためです。

また、Webアプリ限定接続タイプはCADを直接操作できないため、向いていません。社内LAN接続タイプなら、VPNで社内LANに接続し、HPが独自に開発した遠隔操作ソフト「HP Remote Graphics Software」を利用し、社内のワークステーションを簡単に遠隔操作する・・・といった作業を実現できます。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP