• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

答えます!シンクライアントFAQ

シンクライアントを構築する際、まずはどの方式(SBC、仮想PC、Blade Workstation)を採用するかがカギとなります。
そのためにシンクライアントFAQをご用意しました。

10秒で分かるこの記事のポイント

  • CADに最適なシンクライアントタイプはSBC方式、仮想PC方式、Blade Workstation方式。
  • 三つの方式にはそれぞれメリット・デメリットがある。
  • 予算やニーズに合わせて選ぶことがポイント。

FAQ1.SBC方式と仮想PC方式はどう違うの?

方式 SBC 仮想PC
適しているパターン アプリケーションの提供だけでよい。 ユーザーや個別の要件に対応する必要がある。
メリット 低コスト 移行が簡単
デメリット アプリケーションの動作検証が必要。ユーザーや個別要件の対応に制限がある。 周辺コストが高い。
市場登場 1998年~ 2006年~
シェア 約75% 約5%
主要製品 Citrix XenApp Citrix XenDesktop
VMware View

※ SBC方式、仮想PC方式の説明については次をご確認ください。

CADで利用可能な三つのシンクライアントタイプ

FAQ2.仮想PC方式のCitrixとVMwareはどちらがいいの?

Citrix XenDesktop VMware View
接続プロトコル ICA PCoIP
対応のハイパーバイザー Citrix、Microsoft、VMwareに対応 VMwareに対応
OSの展開方法 イメージを個々に配信 マスターイメージにリンク
適しているパターン ネットワークパフォーマンス
ハイパーバイザーの選択幅
サーバーと運用管理が統一
周辺ソリューションの選択幅
  • Citrix XenDesktopとVMware View、両方にメリット・デメリットがある。
  • Citrix XenDesktopを購入して、接続はICAを使い、ハイパーバイザーはVMwareを使うというメーカー混合でいいとこどりのパターンが一番多い。

詳細資料

答えます!シンクライアントFAQに関する詳細資料を無料でご用意しています。ご希望されるお客様はお気軽にお申し込みください。

資料請求(無料)

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP