• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

貴社のオフライン端末は本当に安全ですか?

近年ネットワークを経由したPCへのウイルス感染が深刻な問題となっています。ネットワークに接続されていないオフライン端末においても、USBメモリーなどの記憶媒体を原因としたウイルスの感染が多数報告されています。これまで有効な対策がなく、工場が停止する、データ紛失・漏えいするなどの大きな問題となっています。

オフライン端末を対象としたウイルス対策ツール、リトマスUSBの出番!

そこでお勧めしたいのが、オフライン端末を対象としたウイルス対策ツール「リトマスUSB2」です。リトマスUSB2を端末に差し込むだけで、スキャン機能によるウイルスの検知、ウイルスファイルの削除ができます。

なお、ウイルス定義ファイルの更新はインターネットに接続できるPCであれば、特別なソフトウェアのインストールも必要ありません。

こんな端末をウイルススキャンできます

  • オフライン端末や常駐ソフトによるパフォーマンス低下が懸念される端末
  • ソフトウェアのインストールが困難な端末

一目で分かるウイルスチェック結果

1.LED表示機能

対象端末において、CD-ROM自動実行が有効になっている場合、リトマスUSB2を対象端末に接続するだけで自動的にウイルスチェックが開始されます(特許技術)。ウイルスチェックの結果は製品本体に搭載した赤/青LEDで標示します。

  • 青:ウイルス感染なし
  • 赤:ウイルス感染あり

LEDランプが赤になると、ウイルス感染ありと通知される

2.ログ保存機能

スキャン結果はリトマスUSB本体内のOSから認識されない領域「秘匿領域」にログとして保存されます。秘匿領域に保存することで、ウイルス感染した端末のチェックを行った際、リトマスUSB2がウイルスに感染するリスクを大幅に削減します。

ログファイルはリトマスUSB2の画面で閲覧したり、テキストファイルとして出力できます。別売りのサーバー用ソフトウェア「Info Banker」を導入すると、ログファイルをデータベース化して容易に集中管理ができます。

3.定義ファイル更新機能(専用PC不要)

リトマスUSB2はインターネットに接続できるPCであれば、どこからでも定義ファイルの更新が行えます。定義ファイル更新用に管理用PCを準備する必要はありません。

別売りのソフトウェア「リトマスUSB2 DatCharger」を使用すると、最大8台までのリトマスUSB2のウイルス定義ファイルを一括で更新できます。

4.スキャンソフトの自動更新チェック機能

リトマスUSB2はウイルススキャンソフトの自動アップデート機能を搭載しています。ウイルス定義ファイル更新時に自動的に最新のソフトウェアが公開されていないかをインターネット経由で確認し、アップデート情報があった場合はユーザーに通知します。ライセンスが有効の場合は、常に最新の状態でソフトウェアをご利用になれます。

リトマスUSBの価格は?

製品 価格(税別)
リトマスUSB 1年ライセンスモデル 28,800円
リトマスUSB 3年ライセンスモデル 80,400円
リトマスUSB 5年ライセンスモデル 132,000円

※ 2015年7月現在。
※ 使用は日本国内のみ。
※ ライセンス延長パック、動作環境についてはお問い合わせください。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP