• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Autodesk Inventorの操作に適したワークステーションは?

社内マシン管理担当者様必見! Autodesk Inventorにはどのグラフィックボードを搭載すればよい?

Autodesk Inventor 2016の操作には、どのワークステーションを選べばよいのかを実際に検証テストを行いました。「Autodesk Inventorにはどのグラフィックボードが必要?」「Inventorが満足に動くワークステーションを探している」など、社内マシン管理者担当様必見です。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

検証マシン6台のスペック

検証には、HP Z2 Mini G3、Z440、Z240、Z240 SFFの合計6機種を使用しました。OSは全てWindows 7 Professional SP1ですが、Z2 Mini G3のみWindows 10 Professionalも合わせて検証しました。

HP Z240 Workstation エントリ/ハイエンドモデル

  • Intel Xeon E3-1225 v5(3.30 GHz)(CPU)※1
  • SSD(SATA)+HDD(SATA)(ストレージ)
  • 8MB(キャッシュ)
  • 16GB(メモリー)
  • 49,152MB(最大仮想メモリー)
  • NVIDIA Quadro K2200(グラフィックス)
  • 10.18.13.5887(グラフィックスドライバー)※2

※1 ハイエンドモデルはIntel Xeon E3-1270 v5(3.60 GHz)。
※2 ハイエンドモデルは10.18.13.5413。

モニターは別売

モニターは別売

HP Z240SFF Workstation 省スペースエントリ/ハイエンドモデル

  • Intel Xeon E3-1225 v5(3.30 GHz)(CPU)※1
  • SSD(SATA)+HDD(SATA)(ストレージ)
  • 8MB(キャッシュ)
  • 16GB(メモリー)
  • 49,152MB(最大仮想メモリー)
  • NVIDIA Quadro K620(グラフィックス)
  • 10.18.13.5456(グラフィックスドライバー)※2

※1 ハイエンドモデルはIntel Xeon E3-1270 v5(3.60 GHz)。
※2 ハイエンドモデルは10.18.13.5887。

モニターは別売

モニターは別売

HP Z440 Workstation エントリモデル

  • Intel Xeon E5-1620 v3(3.50 GHz)(CPU)
  • SSD(SATA)+HDD(SATA)(ストレージ)
  • 10MB(キャッシュ)
  • 32GB(メモリー)
  • 98,304MB(最大仮想メモリー)
  • NVIDIA Quadro M4000(グラフィックス)
  • 10.18.13.5887(グラフィックスドライバー)

モニターは別売

モニターは別売

HP Z2 Mini G3 Workstation

  • Intel Xeon E3-1225 v5(3.30 GHz)(CPU)
  • SSD(M.2 PCIe)+HDD(SATA)(ストレージ)
  • 8MB(キャッシュ)
  • 16GB(メモリー)
  • 49,152MB(最大仮想メモリー)
  • NVIDIA Quadro M620(グラフィックス)
  • 21.21.13.7295(グラフィックスドライバー)

仮想メモリーの設定

仮想メモリーの大きさをコンピューター上のメモリーより3倍の大きさにする。なお、初期サイズと最大サイズは同じにする。

使用モデルと計測内容

Autodesk Inventor 2016を使って、モデルデータを合計20項目の計測内容でテストしました。

使用モデル

構成部品の合計数 5,215
部品 4,360
ユニークな部品 265
サブアセンブリ 855
ユニークなサブアセンブリ 80

計測内容

  • ソフトウェア起動・終了
  • 部品ファイルを選択・開く・編集
  • 干渉チェック
  • 平面図削除
  • 断面図作成
  • 全てのファイルを閉じる
  • アセンブリファイルを開く・再構築・編集・保存
  • フィーチャ再構築
  • 標準3面図+アイソメ図作成
  • 作図スケール変更
  • 図面ファイル更新・保存 など合計20項目

検証結果 どのマシンが一番速く動作したのか?

1位 HP Z240 Workstation ハイエンドモデル(5:59)、2位 HP Z240SFF Workstation 省スペースハイエンドモデル(6:08)、3位 HP Z2 Mini G3 Workstation(6:15)

一連の作業での比較結果詳細

このパフォーマンステストの詳細な数値結果は下図よりご確認ください。

まとめ

  • 総合的な処理速度において、Xeon E3-1270v5(3.60GHz)CPUを搭載したHP Z240 Workstation ハイエンドモデルが最も処理速度が速い。その次に同じCPUを搭載したSFFモデルが、その次にXeon E3-1225v5(3.30GHz)CPUを搭載したHP Z2 Mini G3 Workstationが速い結果となった。
  • 特定の測定項目に大きなタイム差があるのではなく、各測定項目で少しずつタイム差があり、累積した結果上記の順位になった。
  • 同じ環境で、Quadro K2200とQuadro K620の異なるグラフィックスボードを使用した場合、一連作業合計ではQuadro K2200を搭載した環境の方が速い結果となった。Autodesk Inventorでは、グラフィックスボードに搭載されているコア数、メモリー量が動作スピードに影響していることが分かる。より、大きなアセンブリデータで高速描画を求めるのであれば、さらにハイエンドのグラフィックスボードを検討する必要があると思われる。
  • HP Z2MiniG3でWindows 7 SP1の場合とWindows 10の場合を比べると、Windows 7 SP1環境の方が総合的に速い。

さらに詳しく知りたい方へ − 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

Autodesk InventorにおすすめのHP製ワークステーションは?
(全編資料)

主なテスト内容
  • 個別機能計測
  • 大規模アセンブリ計測
  • 大規模アセンブリ一連計測時間結果 など全76ページ

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP