• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

設計環境のセキュリティ強化を見直してみませんか?

ランサムウェアの脅威は長期が予測されています

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が毎年発表している「情報セキュリティ10大脅威ランキング」。前年1年間に起こったセキュリティ事故や事件を専門家が審議・投票し、決定しています。2017年のランキングは次の表の通り発表されました。

情報セキュリティ10大脅威 2017(組織)

1位(前年1位) 標的型攻撃による情報流出
2位(前年7位) ランサムウェアによる被害
3位(前年3位) ウェブサービスからの個人情報の窃取
4位(前年4位) サービス妨害攻撃によるサービスの停止
5位(前年2位) 内部不正による情報漏洩とそれに伴う業務停止
6位(前年5位) ウェブサイトの改ざん
7位(前年9位) ウェブサービスへの不正ログイン
8位(前年圏外) IoT機器の脆弱性の顕在化
9位(前年圏外) 攻撃のビジネス化(アンダーグラウンドサービス)
10位(前年8位) インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用

IPA 情報セキュリティ10大脅威 2017

ランサムウェアは今後も長期にわたって存在

前年7位だったランサムウェアによる被害が急上昇しています。2017年5月には、「WannaCrypt」による大規模な攻撃が欧州を中心に確認されました。ランサムウェアは今後も長期にわたって存在すると予測されています。

ランサムウェアの主な感染経路は、メールの添付ファイルを開いて感染するパターンと改ざんされたWebサイトを閲覧して感染するドライブ・バイ・ダウンロードパターンと言われています。ランサムウェアの対策だけをとっても、脆弱性対策、メール・Web経由での侵入対策・・・と対策すべきことは多岐にわたります。

複数のセキュリティ機能をFortiGate1台で対処

複合型攻撃の一般化などを背景に、セキュリティ対策を1台で満たすのがUTM(統合脅威管理)と呼ばれる統合型セキュリティ製品です。中でもFortiGateは、日本のUTM市場シェア No.1※1を誇ります。

※1 フォーティネットジャパン株式会社のサイトより引用。

従来の複数製品によるポイントソリューションの課題であった導入・管理コスト増大、管理工数の負担、耐障害性などの問題を解決します。

未知の脅威に対する対策も

まだパターン化されていない未知のウイルスに対してもFortiGateなら対策できます。クラウド上に構築されたサンドボックス環境(FortiSandboxCloud)で、怪しいファイルを動作させ脅威の有無を判定。脅威が検出された場合は対策シグネチャをFortiGateへ配信し、サイバー攻撃に対応します。

FortiGateの入口対策

アンチウイルス

クライアントとFortiGateの2段階チェックでより安全に! 最近のウイルスは新種や亜種の出てくるスピードが速く、1社のウイルス対策メーカーだけで対策には限界があります。クライアントとFortiGateでウイルスチェックを2重化することでより安全になります。

Webフィルタリング

フィッシングサイトやWeb改ざんページなどの危険なサイトへのアクセス制限を行い、情報漏えいやウイルス感染のリスクを低減します。

アンチスパム

送信元IPアドレスやヘッダー情報などにより、FortiGateが迷惑メールを自動判別します。メーラーの設定により迷惑メールフォルダーへ自動振り分けができるため、迷惑メールを選んで削除するという手間が大幅に軽減されメールチェックが簡単に。

不正侵入防御(IPS)

IPS(Intrusion Prevention System/不正侵入検知・防御)の機能で、ファイアウォールだけでは防げない社内ネットワークの脆弱性を狙った標的型攻撃から社内ネットワークを守ります。

FortiGateの出口対策

アプリケーション制御

マルウェアに感染したボットネットのPCの通信を検知します。攻撃者のサーバーとの不正な通知を遮断し、PCの乗っ取りや情報漏えいを防ぎます。

万が一感染した場合の早期発見

EasySOC for FortiGate

ログを収集分析して、危険な兆候と思われる事象があった場合、メールで管理者に通知します。早期発見につながり、万が一の感染でも被害を最小限に食い止められます。また、月次でセキュリティレポートを提供します。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP