• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

製造業向け トピックス一覧

新着トピックス

ラティスと図研、配線設計ツール「XVL Studio WR」を共同開発

ラティスと図研、配線設計ツール「XVL Studio WR」を共同開発

2017年7月5日、ラティス・テクノロジー株式会社は、株式会社図研と産業機器のケーブル配策経路検討を直感的に実現する「XVL Studio WR」を共同開発したことを発表しました。

部品の管理方法を見直してみませんか?

部品の管理方法を見直してみませんか?

設計段階では、過去の部品データを再利用する流用設計が行われています。品質が安定し、ゼロから開発するよりも少ない工数で設計を進められるからです。流用設計をスムーズに行うには、部品を管理する「部品データのライブラリ化」がポイントです。

革新的なインテリジェント検索で、設計効率化を目指そう

革新的なインテリジェント検索で、設計効率化を目指そう

3次元化の普及により多くの企業が大量の3Dパーツデータを使用しています。それに伴い、設計者はパーツ検索に多くの時間を要し、管理も複雑で難しくなってきています。「インテリジェント検索メソッド」を採用するPARTsolutionsなら、工数削減を実現しま...

板金設計に便利! SPI-SheetMetalWorksを使ってみた

板金設計に便利! SPI-SheetMetalWorksを使ってみた

板金設計では、設計の初期から加工時に必要となる展開形状を意識しなければなりません。「SPI-SheetMetalWorks」なら、展開できない状態で作成されたモデルやインポートモデルでも簡単に展開図を作成できる! ということで、使ってみました。

実はBIMに対応している製品開発ソフトとは?

実はBIMに対応している製品開発ソフトとは?

建築建物に関する製品を扱う製造業者に対して、建設業者や設計事務所などからBIMに対応したデータの提供が求められています。製品開発ソフトとして認知されているAutodesk Inventorには、BIM用コンテンツで使える機能がそろってます。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP