• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

WAN環境でSolidWorksデータを複数拠点で共有

SolidWorks Enterprise PDMを利用した拠点間のデータの一元化

災害対策も絡み国内拠点間に限らず、国内と海外拠点との設計データの一元化が求められている今、BCP(事業継続計画)の一環として取り組もうと思った時に実際に考えられる課題とは?
物理的にネットワークで繋がっていたとしても、回線事情で安定性に欠ける地域もある中ではどうしたらよいのか?

上記のような課題に対し、専用線を引かずともストレスなくファイルの送受信を行ない、LANの様なパフォーマンスを実現する仕組みを一例としてご紹介します。

インフラ環境の実情とWAN環境で考えられる課題

近年、ブロードバンドインフラの普及により内部統制の強化やサーバの効率的な管理を目的として、サーバ統合が進んでいます。その結果、企業システムがWAN経由で利用されることが多くなり、ネットワークの通信遅延、回線品質、パフォーマンスの劣化などの問題があります。

インフラ環境の実情

現在、以下のようなインフラ環境の実情が挙げられます。

  • サーバ統合の実施、もしくはこれから実施予定。
  • ディザスタリカバリの実施。
  • グローバル展開の検討。
  • WAN環境の再検討。
  • 地方・海外拠点との大容量データ通信。

設計開発環境における課題

  • データを輸送した場合に大変時間がかかる。
  • データを輸送した場合にコストがかかる。
  • 回線を利用してデータを送った場合でも大変時間がかかる。(3次元データは特に)
  • 最新版管理が大変困難。
  • ライブラリの共有が大変困難。
  • 設計の流用が大変困難。
  • チーム設計が大変困難。

Steelheadアプライアンスで解決

パフォーマンスよく設計データの送受信が可能

Steelheadアプライアンスは、広域ネットワーク(WAN)で使用されるアプリケーションの応答速度を飛躍的に向上させる製品です。
災害対策(ディザスタ・リカバリ)やITインフラ統合後のブランチオフィスとのファイル共有、センターへのバックアップなどの際、LAN同様の環境をご提供します。

Steelhead

Steelheadアプライアンス

なぜ、WAN越しのアクセスがLAN同様の速度でデータ送信できるのか?

TCP/IT規格のため、アプリケーション特有の問題の影響をうけずにWAN越しのアクセスをLAN上のアクセスのように高速化することができます。回線帯域はそのままでパフォーマンスの向上が図れます。

Steelheadのテクノロジー~4つのコンポーネント~

Steelheadアプライアンスは、以下の4つのコンポーネントを柱としています。

データストリームライニング

高速化の中核技術(SDR)

データキャッシュ、データ圧縮、差分データの転送により、重複したデータの送信を省き高速な処理が可能となります。

ユーザとデータセンター間でデータの重複排除

トランスポートストリームライニング

データ転送の効率化

TCPのウィンドウサイズを仮想的に拡張し、1度の転送で多くのデータを送ることが可能となります。

ユーザとデータセンター間でTCPの最適化

アプリケーションストリームライニング

遅延影響の軽減化

アプリケーションのクライアントサーバ間の通信を予測することにより、応答を短縮します。

ユーザとデータセンター間でアプリケーション応答の最適

マネージメントストリームライニング

透過的な管理

通信状況の可視化による管理ができます。

ユーザとデータセンター間で通信状態の可視化

アプリケーションパフォーマンス

各アプリケーションごとに、下記のような改善が見込まれます。

各アプリケーションごとのパフォーマンスのグラフ

SolidWorks Enterprise PDMとSteelheadの最適化検証

基本環境

  • SolidWorks Enterprise PDM 2011(Service Pack2)
  • Steelhead RiOS 6.1.3
  • ファイルサイズ:46MB

環境想定1

  • 日本と中国
  • 帯域:3M/遅延:300msec/パケットロス:0.01
  • 片側にSolidWorks Enterprise PDMのアーカイブサーバー有り(複製環境なし)
Steelhead
アプライアンス
SH550H-SH550H
Steelhead
無し
Steelhead
有り 1回目
(Cash無し)
Steelhead
有り 2回目
(Cash有り)
備考
サーバからデータをDownload
(Check out)
5分29秒 2分45秒 15秒 圧縮率:40~45%
15コネクションうちSQL 3コネクション
クライアントから
サーバへ新ファイルをUpload
(Check in)
25分30秒 11分11秒 2分43秒 圧縮率:51%
8コネクションうちSQL 5コネクション
ファイルコピー 26分30秒 10分10秒 2分1秒 圧縮率:55%
1コネクション(CIFS)

環境想定2

  • 日本と中国
  • 帯域:3M/遅延:300msec/パケットロス:0.01
  • 両側にSolidWorks Enterprise PDMのアーカイブサーバー有り(マルチボルト=複製環境あり)
Steelheadアプライアンス
SH550H-SH550H
Steelhead
無し
Steelhead
有り 1回目
(Cash無し)
Steelhead
有り 2回目
(Cash有り)
備考
クライアントからサーバへ新ファイルをUpload(Check in) 1分7秒 1分7秒 -  
同期(複製) 5分13秒 2分44秒 -  

環境想定3

  • 東京と大阪
  • 帯域:3M/遅延:15msec/パケットロス:なし
  • 両側にSolidWorks Enterprise PDMのアーカイブサーバー有り(マルチボルト=複製環境あり)
Steelheadアプライアンス
SH550H-SH550H
Steelhead
無し
Steelhead
有り 1回目
(Cash無し)
Steelhead
有り 2回目
(Cash有り)
備考
クライアントからサーバへ新ファイルをUpload(Check in) 10秒 10秒 -  
同期(複製) 2分18秒 1分16秒 -  
ファイルコピー 2分41秒 1分10秒 8秒  

※協力:ソリッドワークス・ジャパン株式会社、株式会社ネットマークス

SolidWorks Enterprise PDMの構成例

データの通信はメタデータと物理ファイルに分けられ、以下のような構成で通信がなされます。

メタデータと物理ファイルの構成の図

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP