• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

LED照明にプラスアルファしグンと節電!

LED導入ご検討中の方、そしてさらに節約を目指す方必読

機器、空調、照明と毎月かかるオフィスの電気使用料。中でも照明にかかる使用料はどのようにして決まるのでしょうか?
答えは「消費電力」×「点灯時間」です。

消費電力はLED照明で50%以上も削減できますが、こまめに消灯し点灯時間を短縮することでさらに節約できるのです!今回は点灯時間短縮を実現するソリューションをご紹介します。

LED照明にプラスアルファしグンと節約!

動画で分かるプラグワイズ

プラグワイズとは消灯時間を設定したり、人がいる時のみ自動点灯するなどLED照明をコントロールし、不要な点灯を防止するソリューションです。
まずは動画でプラグワイズにできることをご覧ください。

動画 時間 概要
プラグワイズ説明動画

動画再生

15秒~ プラグワイズの種類
28秒~ 無線スイッチの活用例
1分39秒~ 人感センサーの活用例
2分5秒~ スケジュールコントロールも可能

このような工場・倉庫への利用をご提案します

荷物を持っていてスイッチが消せない、人がいない部屋が多い場合

バックヤードを出るとき荷物で手がふさがっていて消灯できない、人がいない休憩室などには「人感センサー」がお勧めです。

人感センサーにできること
  • ステルスと組み合わせることにより照明のON/OFFコントロールをセンサ情報と組み合わせて行うことが可能。
  • 電池駆動だから、配線レスでの設置が可能。

人感センサー

休み時間や帰宅時間が決まっているのに、照明を消して帰らない場合

休憩中も照明が点灯しているのはもったいないとお考えの方には「スケジュールコントロール」がお勧めです。

スケジュールコントロールにできること
  • 工場・倉庫全体における照明のON/OFFスケジュールが組めます。

ステルスで設定したスケジュールのON/OFFコントロールが可能

スイッチが遠くて作業員が消して帰らない場合

敷地面積の広い倉庫や工場ではすべての照明を一箇所で管理していることもあります。人がいないエリアだけ消灯したい場合には「エリア別コントロール」がお勧めです。

エリア別コントロールにできること
  • 手元に無線スイッチを置くことでフレキシブルにコントロールできます。

遠隔でON/OFF

※ これらの製品はステルス(天井裏などの電気配線に組み込んで使用する消費電力の測定・制御装置)が必要です。

実際の事例で納得!

天井が高いため、直進性が強いLEDは高所への設置環境にマッチした株式会社ミタチ様

導入したLED照明:投光器(ペンダント型)、直管蛍光灯タイプ

3、4社からセールスがあったが、大塚商会はWEBでも詳細な情報と豊富な導入事例があり、営業マンも必要照度に合わせた機種選定など親切丁寧に相談にのってもらえたので安心できた。工場ではメタルハライドランプ250Wを利用していたが、天井が高いため天井面は明るかったが床面までの光が足りていなかったので、直進性が強いLEDは高所への設置環境にマッチした。

照度シミュレーションでは80WのLEDで同等の明るさだったが、より明るくするために110Wに決めた。節電対策の点でLED照明の導入に憧れを感じていたため、LEDにすることに全く抵抗がなく、導入を進めることができた。メタルハライドランプは再起動に時間がかかっていたので、消すタイミングを計っていたが、LEDは必要な際に瞬時に点灯し、不要な際に即消灯できるのが節電にもなり、非常によい。削減効果として、メタルハライドランプ250WからLED110Wと消費電力をおさえたことにより照明電気代も約56%と大きく削減できる。

また、今まではランプ切れの際にほぼ全数交換していたことから、長寿命なLEDで交換メンテナンス費用も削減できるほか、熱を発しにくいLEDで空調の効率化にも期待している。細かい作業があるため手元のランプも利用していたが、LEDで明るくすることで手元のランプが不要となった上に安全性も増して確保できるほか、作業がしやすくなり作業効率が上がった。

LED導入事例 株式会社ミタチ様

LED導入事例 株式会社ミタチ様

もっと導入事例や詳細情報をお探しの方は

LED照明やプラグワイズ、導入事例の詳しい内容をまとめた資料を無料でお送りします。お気軽にお申し込みください。

LED照明ガイドブック・導入事例集 資料請求

資料サンプル

資料サンプル

資料サンプル

資料サンプル

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP