• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

【セミナーレポート】CIM&i-Constructionに役に立つAutoCAD Civil 3Dのテクニック

2015年11月、国土交通省は建設現場の生産性を向上させる取り組みとして「i-Construction」を発表しました。また、2016年3月末に「新たに導入する15の基準及び積算基準」を発表したことで、今後ますますICT技術の活用が推進されていくと想定されます。そこで、3月29日に大塚商会はICT技術の中でも土工にスポットを当てたオンラインセミナーを行いました。この記事では、i-Constructionで使えるAutoCAD Civil 3Dのテクニックの一部をご紹介します。

情報化施工のためのデータ出力で使えるAutoCAD Civil 3D

まずは次の動画をご覧ください。

動画 概要

動画再生

AutoCAD Civil 3Dで情報化施工用に必要なデータを抽出する
AutoCAD Civil 3Dで作った設計データに、情報化施工に必要となるポイントと高さデータを表示させ、ポイントデータをCSVで出力・確認するまでの操作を動画でご紹介します。

3次元地形データを活用するなら、AutoCAD Civil 3Dをお勧めします。設計、施工、測量あらゆるシーンで活躍します。

オンラインセミナーで動画をご覧になった方から、「説明と実際に動いている画面を見ることができるので理解しやすい」という感想をいただきました。

今後もCIM&i-Constructionをテーマにオンラインセミナーを開催しますので、ご興味がある方はお気軽にご参加ください!

オンラインセミナー

このセミナーで使用した資料を希望される方へ - 無料資料請求

このセミナーでご紹介した内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

CIM&i-Constructionに役立つテクニック集【AutoCAD Civil 3D編】

主な内容
  • 国交省のCIMとi-Construction施策
  • 点群データの利用について
  • 画像データから点群および3Dモデルの作成と応用

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP