• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

【セミナーレポート】CIM、i-Constructionに役立つ! Autodesk InfraWorks 360の活用方法

2016年6月21日に行ったオンラインセミナー「CIM、i-Construction初級講座 Autodesk Infrastructure Design Suiteをおすすめするポイント~InfraWorks 360編~」。CIM、i-Constructionを推進するにあたって、Autodesk InfraWorks 360(以下、InfraWorks 360)をどのように活用できるのかをご紹介しました。

InfraWorks 360はリアルな3次元データの作成にピッタリ

では、早速InfraWorks 360で作成したデータの動画をご覧ください。

動画 概要

動画再生

Autodesk InfraWorks 360を使った高速道路と地下化空間の3D可視化
高速道路地下部(シールド工法)を3D可視化すると、既設杭や埋設管等地下空間との干渉チェックを行えます。Autodesk InfraWorks 360を使った海外の事例を動画でご確認ください。(1分2秒)

InfraWorks 360は地形を取り込みルートを選定するだけでなく、クラウドを活用したり、流域解析するなどのさまざまな場面で活用いただけます。計画や概略設計では欠かせないツールです。

InfraWorks 360の活用シーン、10ポイント!
  1. リアルな3次元現況地形を作成する。
  2. リアルな3次元道路などを2次元から作成する。
  3. リアルな3次元事業計画を作成する。
  4. リアルな3次元複数案の比較検討を行う。
  5. リアルなアニメーションやパースなどを短時間で作成する。
  6. 複数ユーザーとクラウド上でモデルを共有する。
  7. ブラウザーやiPadの無償ビューアーへモデルを切り出す。
  8. 道路概略設計を行う。
  9. 橋梁概略設計を行う。
  10. 流域分析・排水検討を行う。

オンラインセミナー参加者様の声

今回もたくさんの方に参加いただきました。参加者様からの意見の一部をご紹介します。

  • 資料を読むのに比べて、講師による説明と操作・動画でのプレゼンにより、非常に分かりやすい。
  • 特に初心者には分かりやすいと思う。

このセミナーで使用した資料を希望される方へ - 無料資料請求

このセミナーでご紹介した内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

Autodesk Infrastructure Design Suiteをおすすめするポイント~InfraWorks 360編~

主な内容
  • Autodesk InfraWorks 360 3Dコンセプトデザインアプリケーション
  • CIMによる維持管理:既存台帳を活用
  • CIMを始めるためのサポートツール

次回のCIM、i-Construction初級講座は7月26日に開催します

次回のCIM、i-Construction初級講座(Autodesk Infrastructure Design Suiteをおすすめするポイント~「Navisworks&ReCap 360」編~)は7月26日(水)に開催します。ご参加をお待ちしています!

オンラインセミナー詳細・お申し込み

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP