• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

【セミナーレポート】CIM、i-Constructionに役立つ! ICT活用工事に対応するオートデスクソリューション

取り組みが始まっているICT活用工事。3次元化は避けて通れない!

i-Constructuionの一環として取り組みが始まっているICT活用工事。これは、土木の施工プロセス各段階においてICTを全面的に活用するというものです。具体的には、3次元起工測量、3次元設計データ作成、ICT建設機械による施工、3次元出来形管理等の施工管理、3次元データの納品と「3次元」でデータのやり取りを行います。

今回のオンラインセミナーでは、3Dモデル作成時に役立つAutodesk Architecture, Engineering & Construction Collection(以下、AECコレクション)の機能や2D図面から3Dモデルを作成するテクニックをご紹介しました。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

発注者は3Dデータの貸与が求められます

2017年3月31日、国土交通省よりCIMガイドラインが発表され、データのやり取りのためのマニュアルやガイドラインが策定されました。ICT活用工事ガイドラインでは、発注者は受注者に3D設計データを貸与することが求められます。つまり、発注者は2D図面に加えて、3Dデータを作成する必要があるのです。

2D図面から3Dデータにするには・・・

それでは、2D図面から3Dデータを作成する手順を動画でご紹介しましょう。この作業はAECコレクションにも含まれているAutoCAD Civil 3D(以下、Civil 3D)を使用します。

動画 概要

動画再生

AutoCAD Civil 3D操作手順(2D図面から3Dデータを作成)
最初にAutoCAD Civil 3Dで元となる平面図を読み込みます。続いてCSV形式の主要点座標をポイントファイルとして読み込み、これを元に平面線形を描いていきます。(3分46秒)

3次元データによる出来形管理も

施工管理では、従来の代表管理断面に代わり、UAV(ドローン)の空撮などから得た点群データを用いた面的な竣工形状を評価することになります。国土交通省では、策定中の管理要領(案)を通じて、その3Dデータ処理を担うソフトの機能を示しています。オートデスクのソリューションではAECコレクションに含まれるCivil 3DとAutodesk ReCap 360(以下、ReCap 360)で対応いただけます。

【セミナーレポート】CIM、i-Constructionに役立つ! UAV(ドローン)を使った3次元測量効率化

国際標準の形式にも対応するAECコレクション

世界の土木分野において、LandXMLとIFC二つのフォーマットが流通しています。今後、地形・線形に関する場合はLandXMLを使用、構造の場合IFCを使用することが国際標準となると考えられています。日本においては、国土交通省から「3次元設計データ交換標準(案)」およびLandXML1.2をベースとして一部拡張した「LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準(案)」が公開されています。

AECコレクションはこれら二つのフォーマットに対応しています。10年以上前からCivil 3DでLandXMLを使用できることからも、オートデスクは世界の流れを汲んだソリューションを提供していることが分かります。

オンラインセミナー参加者様の声

今回もたくさんの方に参加いただきました。参加者様からの意見の一部をご紹介します。

  • CADそのものや、CADの活用について興味を持っています。2D図面から3Dモデルを作成するテクニックということで、大変興味深く拝聴させていただきました。また機会がありましたら、2D図面を活用してモデリングする、さまざまなシーンやテクニックについてご教示いただけますと幸いです。

このセミナーで使用した資料を希望される方へ - 無料資料請求

このセミナーでご紹介した内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

i-Construction
2D図面から3Dモデルを作成するテクニック

主な内容
  • i-Construction施策の動向
  • i-Constructionに必要な2D図面から3Dモデル作成
  • LandXMLファイル1.2に準拠したデータ出力

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP