• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Windows Server 2003 サポート終了で設計データ流出の危機!?

2015年7月15日(日本時間)をもって Windows Server 2003 のメーカーサポートが終了します

Windows Server 2003 は、2015年7月15日(日本時間)をもってマイクロソフトのサポートが終了します。サポート期間が終了した Windows Server 2003には、さまざまなリスクにさらされ、設計データの流出につながる可能性もあります。

サーバー移行はクライアントPC以上に大変ですので、お早めに移行計画をご検討ください。

Windows Server 2003 サポート終了後のリスク

脆弱性をついたセキュリティリスクの増大

サポート終了後はセキュリティ更新プログラムは提供されません。セキュリティホール発見時の更新プログラム(セキュリティパッチ)の提供がないので、Webサーバーなどはもちろん、ファイルサーバーなど社内にあるサーバーもウイルス攻撃の的になり、情報漏えいなどのリスクが高まります。

問題発生時の対応の遅れ

障害発生時の原因究明など速やかな対応が難しくなります。電話やメールによりサポート、関連情報の提供が終了します。インターネットでもレスポンスよく最新情報を確認できなくなり対応効率が低下、場合によっては問題に対応できないケースも考えられます。

トラブル時の対応の遅れ

各メーカーによるサポートが受けられない場合あります。周辺機器のドライバー提供や最新のウイルス定義ファイルの提供が終了するなどが考えられます。

また、古いハードウェアを使い続けた場合、万が一故障した場合、修理部品がメーカーから調達できない場合があります。最悪、サーバーに蓄積されたデータも復旧できないかもしれません。

サーバー移行に関する情報、集めました

至急、使用しているサーバーの環境を再確認しよう
Windows Serverのバージョンアップを検討するにあたり、現在使用している対象のサーバー環境を再確認する必要があります。サーバー本体のハードウェアやアプリケーションソフトウェアなどのサポート期限も合わせて確認することをお勧めします。
仮想化?クラウド?自社に適したサーバー環境に入れ替えよう
サーバー環境移行は自社内設置や仮想化構築、クラウドの利用など選択肢が増えています。大塚商会ではサーバーに関わるさまざまなソリューションをご用意し、機器の調達・設置設定からアフターサポートまで、貴社に適した環境をご提供します。
Windows Server 2012 へのアップグレードがお勧め!
Windows Server 2003 のサポート終了から予想されるセキュリティリスク対策には、最新ハードウェアの入れ替えとともに Windows 2012 / Windows Server 2012 R2 へのアップグレードをお勧めします。セキュリ...

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7823

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部戦略推進課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP