• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

太陽光発電システムの構造・流体・日射シミュレーション

太陽光発電システムにおけるCAEの利用

東日本大震災以降注目されている再生可能エネルギー。中でも太陽光発電事業は2012年7月から開始された再生可能エネルギーの固定価格買取制度開始から、システム関連供給や売電事業ともに多くの事業者が参入し、2016年の電力自由化に向けてますます事業拡大すると考えられます。

さて、太陽光発電の中心となる太陽光パネルですが、建物の屋上をはじめさまざまな場所に設置されるため、構造上の安全性が特に重要になります。また、当然ながら発電量も重要です。これら構造上の安全性や発電量に関わる日射量などをCAEを利用して検討することができます。

太陽光発電システムに関する情報、集めました

太陽光発電システムの構造上の安全性を検証しよう
太陽光発電システムは設置場所拡大のため、農地や水上、傾斜地などさまざまな地形の場所に設置されます。また、地震による震動や台風による強風などの自然災害や気象条件に耐える必要があります。このような各種負荷による太陽光発電システムの構造への影響をCAEを用いて検証し、十分な安全性を持つ構造にすることが重要です。
太陽光発電システム周辺の風の流れを検証しよう
大規模なシステムになると、設置場所により周辺環境からの風の影響を考慮する必要が出てきます。また、小規模なものでもシステムのユニットの設置角度などにより風の影響を受ける場合があります。それでは、CAEを用いて風の影響を確認するにはどうすればいいでしょうか?
太陽光パネルの日射量を検証しよう
発電量は日射量に比例します。そのため、年間を通じてどれくらい積算日射量があるか調査することも重要です。CAEを利用し日射積算量を求めてみましょう。
太陽光発電システム設置場所の検討はこのツールにお任せあれ!
地形、工事土量、日照シミュレーション・・・と太陽光発電システムの地形を考慮した設計・建設業務のご要望はこのツールが解決します。まずは、お客様の「太陽光発電システムでやりたいこと」をお聞かせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP