• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

解析ソリューション事例一覧

線形解析VS非線形解析

線形解析VS非線形解析

3DCADに解析ソフトがアドオンされるようになって、設計者の方が解析を行うことも多くなってきました。ただ、実際に計算をした結果、現物とのギャップに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そのギャップの原因の一つに「線形解析の限界」があります。この限界...

設計者解析を推進する"CAEテンプレート"

設計者解析を推進するCAEテンプレート

よく行われる解析ケースについては、モデルの置き換えと解析結果の更新作業のみで結果が得られる「CAEテンプレート」という運用方法が有効です。解析のコマンドはほとんど操作しないため設計者に展開しやすく、上流工程での高品質化が図れます。キーワードは「CAD...

流体解析で最適設計を実現

流体解析で最適設計を実現

熱流体解析は古くから実用化されていますが、最近は設計者が簡単に使用できるものが増えてきています。発熱量などにより異なりますが、試作を行う前に解析で最適案を選定できます。

設計者が行う振動解析

設計者が行う振動解析

振動解析では一体どのようなことができるのでしょうか?一口に振動解析といっても幾つかの解析種類があり、現象に応じて使い分ける必要があるため、その運用には注意が必要となります。

成形不良の改善

成形不良の改善

プラスチックの成形不良でお困りではありませんか?

樹脂流動解析(CAE)で不具合を事前検討し、コストダウンを図る運用が近年加速しています。では樹脂流動解析はどういった解析ができるのかについてご紹介します。

設計段階におけるCAE(解析)活用で、鋳物部品の軽量化(材料費削減)を実現

設計段階におけるCAE(解析)活用で、鋳物部品の軽量化(材料費削減)を実現

設計段階におけるCAE(解析)活用で設計1件あたり、250万以上のコスト削減効果!

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP