• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

流体解析で最適設計を実現

熱流体解析は古くから実用化されていますが、最近は設計者が簡単に使用できるものが増えてきています。右図のような、発熱体を含んだ製品においてどちらがより良い設計だと思いますか?発熱量などにより異なりますが、試作を行う前に解析で最適案を選定できます。

資料ダウンロード

流体解析で最適設計を実現 イメージ

流体解析で最適設計を実現の解決事例をダウンロード

熱流体解析を使うと、試作を行う前に解析で最適案を選定できます。実際に現場であった事例でソリューションをご紹介します。詳しくは資料をダウンロードし、ご確認ください。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP