• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

コラム一覧

PDM/PLM導入に必要なことは?
最近は「PDM/PLM」とよばれる設計情報管理システムを導入後、情報を管理・活用し、さらなる業務効率化に取り組まれているお客様が多くなっています。こういったシステムについては導入経験が少ないとされるお客様が多く、導入時には非常に苦労しその後も立ち上が...
設計者による樹脂流動解析活用法を見直そう
「樹脂流動解析成形メーカーや金型屋さんに任せています。」という企業は多いのではないでしょうか?構造解析と比較して樹脂流動解析はまだまだ設計者への普及が進んでいません。今回は樹脂流動解析を身近にする活用方法についてご紹介します。
グローバル環境での設計データ共有の実現に向けて
近年の製造業において良く聞く企業戦略の一つとして「グローバル化」が挙げられます。海外との業務効率化を図るための環境整備の一環として、「設計データの共有」に関するご相談を多くいただきます。今回のコラムでは設計データを共有するうえでの課題にフォーカスをあ...
ベストプラクティス運用の普及活動
最近新たに開始した「3D設計の『ベストプラクティス運用』の普及活動」をご紹介します。既に3次元CADを導入されている皆様に、さらに3次元CADを使いこなしてもらいその導入効果をより高めていただくことを目的としています。
設計者による熱流体解析はどこまで可能か?
「半導体パッケージやLEDなどの発熱する電子部品をより正確に解析に取り入れ計算精度を高めたい。」「積層を考慮したプリント基板の熱伝導率を解析に取り入れたい。」など高度な解析の要望をどのような機能で実現できるかご紹介します。
「3次元化は苦しい」日本の金型業界の突破口となるか?
円高により各メーカーの海外生産へのシフト、および技術者の海外流出が進み日本国内の空洞化がいわれている中、特に厳しいのが金型業界。今後キーワードとなるのが「金型設計の3次元化」です。高品質・高性能・短納期を実現し、価格勝負ではないプレミア感が今後生き残...
技術情報の情報漏えい対策
製造業において図面を含む技術情報はノウハウの詰まった機密性の高い情報資産です。想定されるリスクとその頻度から算出する被害額と、コストとの比較になってしまいますが、現在では数年前と比較してセキュリティ対策製品も多種多様なものが販売されています。以前に技...
アセンブリってどうやって作っていますか?
お客様からの3DCADに関する意識が「いかにして3DCADを利用していくか」に変わってきています。それは当たり前ですが「根本となるCADデータ(アセンブリや部品)をどうやって作成するか」です。単純そうに見えて奥深いこのCADデータ作成にまつわる話を今...
3DCADの導入効果
いまや製品の設計・開発に3DCADを使うことは当たり前の時代です。このコラムを読んでいる皆様は3DCADを導入したことで、設計品質や生産性の向上、手戻りの削減など導入当初の目的であった“効果”を感じていますか?イマイチ導入効果を感じられていない…と思...
CAEを上手に使うコツはバランス感覚にあり!?
弊社でも設計者向けCAEを「デザインCAE」と名付け、設計者のCAE活用をお手伝いしてきましたが、導入後、短期間で効果を出しているお客様にはある共通した傾向が見受けられるようです。それは「精度」と「スピード」のバランス感覚がとても優れているということ...
2013年
大塚商会のCAD、CAE技術者やコンサルティングを行っているメンバーが、普段思っていることやお客様とのやり取りの中で感じたことなどをざっくばらんに掲載する「ソリューションたまご」。2013年のコラム一覧です。
リバースエンジニアリングの活用
今回、注目するのが「CADデータに変換」するという作業です。単に「CADデータに変換する」と言ってもさまざまなアプローチが存在します。CADデータに変換した後で利用する目的によって、アプローチが変わってきます。
2012年
大塚商会のCAD、CAE技術者やコンサルティングを行っているメンバーが、普段思っていることやお客様とのやり取りの中で感じたことなどをざっくばらんに掲載する「ソリューションたまご」。2012年のコラム一覧です。
2011年
大塚商会のCAD、CAE技術者やコンサルティングを行っているメンバーが、普段思っていることやお客様とのやり取りの中で感じたことなどをざっくばらんに掲載する「ソリューションたまご」。2011年のコラム一覧です。
2010年
大塚商会のCAD、CAE技術者やコンサルティングを行っているメンバーが、普段思っていることやお客様とのやり取りの中で感じたことなどをざっくばらんに掲載する「ソリューションたまご」。2010年のコラム一覧です。
個別受注型装置業において3DCADは向いていない?
組立製造業においては、設計ツールとして3DCADを採用しているか否かは二分されています。ただ、どの企業も3DCADを試験的に導入したり、CADを扱うベンダーより情報を入手され導入検討の経験はあるのではないでしょうか?
2009年
大塚商会のCAD、CAE技術者やコンサルティングを行っているメンバーが、普段思っていることやお客様とのやり取りの中で感じたことなどをざっくばらんに掲載する「ソリューションたまご」を新着順に掲載しています。
手間とお金をかけずにスキルアップ
昨今の経済状況を反映してか教育や人材育成に関する投資は以前よりも縮小傾向にあります。今回は、教育に関わる投資を抑えつつ、より多くの設計者のスキルアップを図るための教育手法の一つとして、「e-learning」をテーマにお話させていただきます。
データ活用を通して作る「Win-Winな関係」
最近、3DCADのデータの活用に関する相談を非常に多くいただきます。データ活用と一口に言っても、内容は幅広く、お客様ごとにさまざまな悩みが存在するのが実情です。
3Dスキャナーの精度って?
3Dスキャナーをお客様にご紹介すると、必ず聞かれることがあります。それは、「精度はどのくらいなの?」「高精度じゃないと」といった言葉です。
コンサルティング費用を抑えたい!
3DCADをお持ちの皆さんは既にご存じかと思いますが、3DCADは導入するとすぐに効果が現れるというような魔法のツールではありません。操作を覚えることから始まり、データ管理方法のルール決めや活用方法の検討など、さまざまな課題をクリアした後に、恩恵を受...
前工程での3Dデータ活用
「当時このツールに出会えていたら」とほぼ全ての工程で3Dデータを活用していた私がしみじみ思ったソリューションがあります。それはプレゼンテーションで3Dデータを活用するソリューションです。
制御設計、残業が増えていませんか?
設計に占める制御設計の割合は増している。設計者の人数が増えず、業務効率が上がらない。設計時間を延ばすのは難しい。結果的に、業務の滞留が起こり負のスパイラルへと突入していくのです。一つの解決策としては、制御設計用のCADを使って設計業務の効率を上げるこ...
3D拘束を利用した3D設計手法の考え方
先日、とある雑誌を読んでいるときでした。「360°自由自在に回るハンドルはなんのため?」という一文が目に飛び込んできました。その瞬間、私は雑誌に吸い込まれていきました。
3D設計における公差の表現方法について
3D設計における公差の表現方法について、明確な答えを持たれている方は少ないと思われます。「公差中心でモデリングすべき」「公差には設計意図が含まれているから今まで通りで変えられない」など賛否両論多くの意見をいただきますが、何に重点を置き検討すればいいの...
自分では気づいていない問題点、ありませんか?
2次元/3次元CADに関わらず、CADを利用されているお客様であれば、一度は「紙図面の電子化」や「データ管理」という単語を耳にされたことがあるのではないでしょうか。これらは最近話題のキーワードであり、大塚商会でも重要テーマに位置づけています。
3Dデータの活用方法について
3DCADの使用は一般的なものとなってきました。「単純に図面を作成するのではなく、3Dデータの強みを活かし、もっと有効活用するための取り組みを行いたい」という声を耳にすることが多くなってきました。今回は、3Dデータ有効活用の取り組みをご紹介します。
3Dデータの活用方法について機構解析していますか?
機構解析は、動作アニメーションの作成に始まり、必要な駆動力を求めたり、駆動部の反力の算出、適切なバネ剛性の判断、動的干渉チェックなどが行え、設計者にとって非常にメリットの多い計算ツールです。最近では、メジャーな3次元CADには機構解析の基本機能が統合...
照明解析
LEDを発光体として取り扱うシステムの照明解析について、多くの問い合わせをいただきます。照明解析では、いかに効率よく少ない光線追跡で精度の良い結果を得られるかが重要です。大塚商会では、多くの照明解析ソフトを取り扱っており、解析目的にマッチングする最適...
デザインと機械設計業務をつなぐ
「デザインの人が使っているツールは機械設計では使えないデータなので一から作り直す」「サーフェスでゴリゴリ作っているので、後からデザイン変更を要求されると修正に苦労する」デザインの自由さと数値制御の機械設計を同一プラットフォーム上で実現できる方法があり...
ナレッジテンプレート設計
「熟練設計者のノウハウをいかに企業資産として残せるか」は数多くの製造業で抱える課題の一つです。「ナレッジ(知識)」という言葉からまず連想されるのは「ナレッジマネジメント」が最も代表的な例になります。CADでも「ナレッジベース」技術が大きなトレンドにな...
Excel上で3Dモデルが操作できちゃう!?
Excelの部品表、工程表、加工指示書、組立指示書等に3Dモデルの絵が貼り付けてあり、さらにモデルを自由に動かせたら・・・と想像してみてください!文字情報だけのものに比べると、分かりやすさが格段にアップしますね。
設計環境の変更に直面したら!? ~差し迫るWindows 7対応~
3DCAD導入が進む昨今においても、設計業務において2DCADはまだまだ欠かせないツールというのが現状です。主要設計ツールとして、あるいは3DCADの補完ツールとして、2DCADが必要不可欠というお客様も多いのではないでしょうか?
最近の話
設計者の中には、社内システム担当を兼任されている方も多く、本業の設計業務以外の部分でいろいろな問題や課題に直面されている担当者が多いのが事実です。大塚商会はITシステムや導入コストを抑えたサービスとCADを組み合わせて、お客様にベストなソリューション...
標準化と共通化
「ものづくりを標準化して、設計業務の効率化を図りたい」という要望をお聞きします。主なアプローチとして、部品・ユニットの流用を徹底して行う「共通化」が挙げられています。では、共通化を進めていくだけで標準化を実現できるのでしょうか?そもそも、標準化とはど...
ないから作っちゃいました
図面の管理となると、まだまだ紙をなくせないお客様が多いように感じます。しかし、お客様自身が紙での管理に問題を感じていないわけではないようです。ベストなシステムがなかったため、「紙図面の電子化で製品構成(BOM)に関連付けた、効率的な図面管理」を作っち...
大げさに考えないカスタマイズ
数年前も今も「設計業務の効率化」というテーマが根底にあります。最近は、より具体的な検討が始まってきているのではと感じています。小さな効率化を積み上げて生まれた時間的余裕を、本来時間をかけるべき作業にまわし、お客様の生産性向上・競争力強化につなげるため...
BOMシステムの活用・その2
当然、BOMシステムを導入するだけでは何も効果は出ないでしょう。BOMシステム導入を推進している各企業内部での業務改革やそこまで大げさでなくても、最終ゴールを決めて少しずつ業務改善を積み重ねることが重要です。
BOMシステムの活用・その1
2008年末のリーマンショック以来、製造業ではIT投資の検討が進まない状況が続きました。しかし、2009年に入ってからは業務改善のためのIT投資を検討する企業が増えてきたように感じます。このような状況の背景には、何があるのでしょうか?
解析職人!?
製造現場で実際にものづくりをしている方々の中には、製造過程のさまざまな現象について熟知し、積み重ねた経験や職人的な勘をお持ちの方がいらっしゃいます。誰もが「解析職人」的な解析を可能にできるよう、そして何より客さまの力に少しでもなれるよう、私も技術を磨...
公差解析の導入に向けて
システム導入が効果につながるとは限りません。ITシステムの導入には、システム自体の選定前に、「利用目的を明確に、正しく利用するための知識を身につける」「ITシステムを有効活用し、導入効果を高めるための取り組みをする」ことが重要です。
AutoCADのVBAを習って、自社でカスタマイズ
「自社でAutoCADのカスタマイズを行いたいので、AutoCADのVBA講習を行ってほしい」という依頼が増えています。簡単な内容のカスタマイズは自社で行い、コストを削減しようと考えるお客様が増えているようです。
3次元設計環境に対する支援体制について
「技術管理」「技術企画」「ものづくり推進」といった部署の方々の支援が3次元設計環境の構築・立ち上げに重要です。3次元設計の推進、立ち上げを計画しているが、支援体制をどの様に作っていったら良いのか悩まれている、支援体制を社内に作ることが難しいと感じてい...
3次元データの活用は部門間の協力が必要
「3次元データが正として扱われるためにルール化が必要」「3次元データから検査箇所を指定できる仕組みが必要」「検査結果と3次元データを比較する仕組みが必要」など、3次元データを活用していくためには複数の部署間で情報を共有し、会社全体で取り組んでいく必要...
幸せな苦笑い
同じ3DCADソフトでも、個々のお客様に合ったモデリング手法があります。まずは「現状の課題に気づく」「課題に目を向ける」ことが大切だと思います。大塚商会では、お客様の業務に合ったモデリングテクニックの支援も対応しています。
ソリューションたまごって?
大塚商会のCAD、CAE技術者やコンサルティングを行っているメンバーが、普段思っていることやお客様とのやり取りの中で感じたことなどをざっくばらんに掲載しています。他社では、どのようなことをしているのか?CADの技術者ってどんな考えなの?といった、普段...
3DCADを導入してからの設計者たち
3DCADを導入することで「設計ミスや初期不良が減った」という声をよく耳にします。一方で、「作業時間や業務が増えてしまった」という意見もあります。なぜ、そのような正反対の状況となってしまうのでしょうか?
3次元CADの展開は難しい
3次元CADを広く展開していくには、利用者部門の教育はもちろんのこと、設計ルールの改定、社内システムの対応、各部門の説得、外注の説得などさまざまな準備が必要になります。どれもお客様社内で行えますが、第三者が入った方がスムーズに進む場合も少なくありませ...
3次元設計データを活用したシステム開発
3次元CADの普及と共に、設計データの活用が進んでいます。例えば、「3次元空間のウォークスルーを提供したい」という場合です。大塚商会のプロジェクトメンバーはどのような試行錯誤を繰り返し、無事に納品できたのでしょうか?
樹脂流動解析
シミュレーションソフトのご導入を検討されているメーカー様に、解析で最も調べたい内容は何でしょうか?と伺うと、一様に「反り変形の予測」との答えが返ってきます。しかし、反り変形までの予測はなかなか難しいのです。反り変形の予測のベストなソリューションをご紹...
真のモッタイナイは・・・?
コストの削減を進めていくうえで、スクールやセミナー参加が不必要に思ってしまうこともあるかもしれません。しかし、もう少し長い視点で見てみると、3DCADが持つ能力をフル活用することで、よりコスト削減や利益の増加につながることもあるのではないでしょうか。
設計者のCADスキル習得は、一度で終わり?
3DCADを導入して数年たったお客様に「3DCADスキルテスト」というサービスを受講いただきました。結果としては、便利機能の正答率が低く、使われていないことが浮彫りになりました。
設計の現場でも「見える化」を
「設計段階におけるコスト削減に取り組みたいのですが、技術者の多くは、人に指示されたアイデアや改善点は素直に受け入れない。自分で気づかないと直そうとしてくれない」設計の現場においてもQCDの改善が求められている中で、どれだけの設計者が取り組めているのだ...
設計の時点でコストの「見える化」を
3Dデータには、コスト計算に必要なさまざまな情報が既に入力されています。今までぼんやりしていたコストが見えるようになる、まさにコストの「見える化」だと思いませんか?
社外に出た図面データの一人歩きを防止する
企業の多くは製品に使用される部品の一部や製品そのものの製作を社外に委託しています。社内外にあるファイルに対して、ファイルを開けなくしたり、コピーや印刷をできなくしたりというように、セキュリティ設定を動的にコントロールする方法があります。
詳細解析よりも相対比較解析を
せっかくCAEを導入しても、時間がかかるために上手く評価ができない、何から取りかかっていいか分からない、などのご相談をよくお客様から受けます。しかし、ちょっとした工夫で、問題をブレイクダウン(簡素化)することで、計算を簡単に早く行えます。
設計者CAEでつまずく理由
いざ、CAEを導入してみたものの、上手く立ち上がらないケースも散見されます。現状は操作が難しくてギブアップしているわけではなく、評価方法が分からずに使いこなせないことが多いようです。解析を上手く使うためのコツ、システム化とは?
情報システムの導入はバランスが大事
「情報システム」設計、開発の部署で言えばPDMシステムなどになると思いますが、導入検討にあたっては、トップダウンの方針とボトムアップの改善のバランスが特に難しいと感じます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

ソリューション コラム

ソリューション コラムの最後です

PAGE TOP