• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

2009年

設計の時点でコストの「見える化」を
3Dデータには、コスト計算に必要なさまざまな情報が既に入力されています。今までぼんやりしていたコストが見えるようになる、まさにコストの「見える化」だと思いませんか?
社外に出た図面データの一人歩きを防止する
企業の多くは製品に使用される部品の一部や製品そのものの製作を社外に委託しています。社内外にあるファイルに対して、ファイルを開けなくしたり、コピーや印刷をできなくしたりというように、セキュリティ設定を動的にコントロールする方法があります。
詳細解析よりも相対比較解析を
せっかくCAEを導入しても、時間がかかるために上手く評価ができない、何から取りかかっていいか分からない、などのご相談をよくお客様から受けます。しかし、ちょっとした工夫で、問題をブレイクダウン(簡素化)することで、計算を簡単に早く行えます。
設計者CAEでつまずく理由
いざ、CAEを導入してみたものの、上手く立ち上がらないケースも散見されます。現状は操作が難しくてギブアップしているわけではなく、評価方法が分からずに使いこなせないことが多いようです。解析を上手く使うためのコツ、システム化とは?
情報システムの導入はバランスが大事
「情報システム」設計、開発の部署で言えばPDMシステムなどになると思いますが、導入検討にあたっては、トップダウンの方針とボトムアップの改善のバランスが特に難しいと感じます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

ソリューション コラム

ソリューション コラムの最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP