• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

照明解析

照明解析ソフトは一般に"【発光体】から【対象物】を通過する光の振る舞い"を光の線(ライン)で表現して追跡し、最終的に【目標位置】での照度や輝度を計算するソフトのことを言います。
車のヘッドランプで例えると、【発光体】はLED、【対象物】はLEDを取り囲む筺体やリフレクタ、【目標位置】は路面や歩行者などになります。
当然、数本や数十本の光線追跡では、結果精度は上がらないため、通常は1つの対象物につき数百万本~数千万本の光線を、発光体から追跡します。

しかし、これだけの本数になると、たとえデータが光線(ライン)とはいえ、通常は多くの解析時間を費やします。発光する光線の位置や方向は乱数発生法が使用されており、さらに目標に到達するまでには、屈折、反射、散乱などの現象を考慮する必要があるためです。いかに効率よく少ない光線追跡で、精度のよい結果を得られるかが照明解析では重要と言えます。

前置きが長くなりましたが、最近はLEDを【発光体】として取り扱うシステムの照明解析について、非常に多くのお問合せを頂いています。

このLEDの市場が伸張しているのは、

  • 消費電力とCO2の排出が少なく、寿命も長いので環境に与える影響が少ない。
  • 従来の光源と比較してスペースを取らず、パッケージの小型化ができる。

などの理由があると思います。

しかし、今まで使用していた【発光体】とは光学特性が異なるため、評価方法の確立が急務になってきているようです。
下記にその代表的なお問合せ内容をご紹介します。

弊社では多くの照明解析ソフトを取り扱っており、上記のような解析目的にマッチングする最適なCAEソフトをお勧めしております。ぜひ一度お問合せください。

[T.S]

ソリューションコラムに関するご質問

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

ソリューション コラム

ソリューション コラムの最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP